グルコサミンの副作用・注意点とは?

ここでは、グルコサミンや、グルコサミンと一緒に含まれることの多いコンドロイチンの副作用や、摂取する時の注意点についてお伝えします。

CLEAR

グルコサミンサプリを安全に利用するために

医師

毎日の動作をサポートするとして、さまざまなサプリや健康食品に配合されるようになったグルコサミン。関節の悩みやトラブル予防のためにも、そろそろ飲み始めようかな?と考えている方は多いかもしれませんね。

グルコサミンは比較的安全性の高い成分であることが知られていますが、グルコサミンサプリを利用するにあたっては、注意が必要な場合もあります。特に、アレルギーを持っている方、服用している薬がある方は、自分がグルコサミンサプリを飲んでもいいのかどうかしっかり確認しておきたいですね。

ここでは、グルコサミンや、グルコサミンとともにサプリに配合されることの多いコンドロイチンの安全性や副作用、摂取する上で注意したいことなどを、詳しくお伝えします。グルコサミン、コンドロイチンのサプリを利用する前に、ぜひご参考にしてください。

グルコサミンサプリの副作用とは?

医師

グルコサミンは、人間の体の中でも合成される成分であることから、サプリを服用するにあたっても、適量である1日1500mgの摂取を守れば安全であると考えられています。しかし、グルコサミンを摂取したことによって、胃痛、胸焼け、便秘、下痢などの軽い胃腸障害が起きたという報告もありますので、胃腸の弱い方はサプリの目安量を参考に、体調を確認しながら服用することが大切です。

また、グルコサミンサプリに含まれていることが多いコンドロイチンも、同様に胃腸症状を起こすケースがあるとされています。また、コンドロイチンを摂取したことによって、脱毛、むくみ、まぶたの腫れなどが生じたという報告もありますので、サプリを利用して何か異変を感じた場合は、一旦飲むことを止め、医師に相談するようにしましょう。

グルコサミンを摂取するにあたって特に注意したいのが、甲殻類アレルギーがある場合です。グルコサミンサプリには、エビやカニの殻を原料としてグルコサミンを抽出しているものがあります。グルコサミンサプリを服用することがアレルギー反応を引き起こす可能性も考えられますので、甲殻類アレルギーがある方は使用を控えるか、かかりつけの医師の指示を仰ぐことをオススメします。

薬や他のサプリとの飲み合わせは?

グルコサミンサプリメント

グルコサミンやコンドロイチンのサプリを利用するにあたって、現在服用している他の薬がある方は少し注意が必要です。現在、複数の薬において、グルコサミンサプリとの併用を危険視する意見がありますので、ここでご紹介しておきましょう。

まず、一部ではグルコサンサプリを使用したことによって肝障害が起きたという報告がされています。しかし、こうしたケースの中には、マルチビタミンなど他のサプリを併用していたり、持病の薬を飲んでいたりする場合や、もともと肝疾患があった場合なども多いようです。

また、グルコサミンやコンドロイチンには、抗凝固薬であるワルファリンを始めとする薬の効果を強めてしまう可能性があると言われています。抗凝固薬は、血栓ができるのを防ぐための薬ですが、効き目が強く出ると出血を起こしてしまうため、危険性が高いと考えられます。ワルファリンなどの抗凝固薬を服用している場合は、原則としてグルコサミンやコンドロイチンを含むサプリの服用を見合わせましょう

そして、糖尿病や高脂血症、高血圧といった持病がある場合は、グルコサミンを使用することによって血糖値やコレステロール値、血圧などに影響を与える可能性も示唆されています。はっきりしたことはまだ明らかになっていませんが、こうした持病を持っている方も、グルコサミンやコンドロイチンのサプリを使用する前に、かかりつけ医とよく相談することが大切です。

こうして副作用や危険性について述べてきましたが、グルコサミンもコンドロイチンも、健康な方が適量を守って摂取する分には安全性の高い成分だと言えます。サプリに表示されている目安量を守ること、体調の変化があったら服用を中止して、医師の診断を受けることなど、当然のことを守って服用すれば、毎日の動作のサポートや、関節の健康維持につながることでしょう。

グルコサミンは適量を守って上手に利用しましょう!

グルコサミンやコンドロイチンのサプリを服用するにあたっては、自分の健康状態をよく見極めることも大切です。持病やアレルギーがある場合や、服用している薬との飲み合わせによっては、グルコサミンやコンドロイチンのサプリの使用を控えた方がよい場合もありますので、不安な場合は必ずかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

また、グルコサミン、コンドロイチンは、過剰に摂取することによって、胃腸症状が出るケースも報告されています。サプリはたくさん飲めばより効果が期待できるというものではありませんので、1日の摂取量の目安を必ず守るようにしましょう。

グルコサミンの1日の摂取目安量は、体格に応じて1000〜1500mg、コンドロイチンはおよそ1200mgだと言われていますので、サプリの成分表示などを確認した上で、適量を守って飲むことを心がけましょう。