グルコサミンとは?

グルコサミンとは関節をスムーズに動かすために必要な軟骨を作る成分です。それが年齢と共に減少する事で膝などの間接痛が起こるとされています。

CLEAR

関節痛に有効ってホント?グルコサミンの特徴と効果

グルコサミンについて解説する医師

膝の痛みや関節痛に有効であるとして、あまりにも有名となったグルコサミン。健康食品やサプリメントのCMなどで、その名前を誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。

しかし、グルコサミンとは一体どんな成分なのか、それがなぜ関節痛の予防や緩和に効果的だと言われているのか、ご存知でしょうか?

ここでは、私たちの関節をスムーズに動かすために欠かせないグルコサミンという成分について、その特徴や効果、摂取方法などを詳しく解説していきましょう。

また、グルコサミンサプリをお探しの方はグルコサミンとコンドロイチンが一緒に摂れるサプリ3選をご覧下さい。

グルコサミンはコンドロイチンとの相性が非常に良く、一緒に摂取することで相乗効果が期待できます。

最近ではグルコサミンとコンドロイチンが両方配合されているものが主流となっており、中には成分の組み合わせで関節の痛みを改善することが認められている機能性表示食品(サプリメント)もあります。

グルコサミンやコンドロイチンは2、3日で効果が実感できるものではなく、最低でも1ヶ月以上は摂り続ける必要があると言われています。そのため、グルコサミンサプリを選ぶ際は、成分や価格・特典などを比較した上で、ご自身の生活習慣に最も取り入れやすいものを選ぶことが大切です。

軟骨成分・グルコサミンってどんなもの?

私たちの体の中にある関節がなぜスムーズに動くのか、考えたことがあるでしょうか?関節は、骨同士がつながっている部分。硬い骨と骨とが接しているのに、どうしてこんなになめらかに動いているのでしょうか?それは、骨の先端に軟骨があり、骨同士が直接こすれ合うのを防いでいるから。軟骨がクッションの役割を果たしてくれるおかげで、膝を曲げたり、歩いたりする動作がスムーズにできるのです。

この軟骨の中に存在し、軟骨の生成を促すと言われている成分が、グルコサミン。グルコサミンは、ブドウ糖とアミノ酸が結びついたアミノ糖という物質のひとつで、軟骨を構成するプロテオグリカンという成分の原料となっています。そして、軟骨のすり減りや損傷を補修したり、軟骨芽細胞を刺激して軟骨を強化したりすることで、軟骨の健康をサポートしていると考えられています。

しかし、グルコサミンは年齢とともに体内で作られる量が減少していきます。そのため、軟骨の主成分でもあるプロテオグリカンが作られる量も少なくなり、軟骨が次第にすり減っても修復や再生が十分にできなくなってしまいます。そうなると、関節の動きを支えるクッションの役割が低下して、関節の動きが制限されたり、骨同士がこすれ合って痛みを感じたりしてしまうのです。

グルコサミンを摂取する量や方法は?

軟骨のすり減り、変形を予防し、いつまでもスムーズな動きを保つためには、年齢とともに減少するグルコサミンを積極的に補うことが有効だとされています。

グルコサミンは、年齢とともに軟骨がすり減って起こる変形性関節症の症状の緩和や、関節の機能改善において有効であるというさまざまな研究結果もあり、今もなお痛みの緩和や炎症を鎮める効果などに関しての研究がすすめられている、期待の成分。歳を重ねれば重ねるほどグルコサミンは減少していきますので、関節痛の症状が出てからではなく、できるだけ早いうちからグルコサミンを補い、軟骨の役割をサポートすることが大切なのです。

グルコサミンの1日の摂取目安量はおよそ1500mgと考えられていますが、アメリカの研究では、体重が90kgを超える人は2000mg、逆に体重が軽い人は1000mgが適正量であるとも言われています。

CLEAR グルコサミン コンドロイチン
54以下 1000mg 800mg
55以上~90以下 1500mg 1200mg
91以上 2000mg 1500mg

それでは、そのグルコサミンをどのような方法で取り入れればよいのでしょうか?グルコサミンは、エビやカニなどの甲殻類の殻に多く含まれています。しかし、エビやカニの殻を毎日大量に食べ続けるわけにはいきませんよね。また、山芋やフカヒレ、オクラといった食品にも含まれていますが、食べた分だけ体内で吸収されるわけではないため、それだけで関節痛に効果的と言われる量を満たして摂取することはまず不可能です。そのため、グルコサミンを補うにはサプリを利用することが最も効率的と言えるでしょう。

グルコサミンは関節の健康維持に欠かせません!

グルコサミンは、立ち座りや歩行といった日常的な動作だけでなく、旅行やスポーツなどの趣味を楽しむためにも欠かせない成分です。グルコサミンが減少すると、関節をスムーズに動かすための重要なクッションである軟骨がすり減りやすくなり、関節に痛みや違和感などの不快な症状をもたらしてしまうのです。

グルコサミンは、ある日突然減少し始めるわけではありません。年齢とともにじわじわと減っていくため、私たちは関節に痛みや違和感が出てくるまで、グルコサミンが減っているなどと思いもよらないことがほとんどです。そのため、関節の健康が気になり始めたら、その日からグルコサミンを積極的に補うことが有効です。

グルコサミンは食事から摂取するのが難しい成分であるため、サプリを利用することがすすめられていますが、サプリでグルコサミンを摂取しても、関節痛の緩和などに効果を実感できるまでにはある程度の時間がかかります。関節や軟骨をサポートするためには、できるだけ早くサプリを利用し始め、根気よく飲み続けることを心がけましょう。

また、年齢を重ねた方だけではなく、スポーツや登山、トレッキングなど、関節をよく動かす趣味をしている場合にもグルコサミンをサプリで摂取することがすすめられています。関節の健康をキープし、いつまでも趣味を楽しむために、ぜひグルコサミンサプリを上手に活用してみましょう。

グルコサミンとコンドロイチンが一緒に摂れる!
人気のグルコサミンサプリメント3選

選んだポイント!

  • ① グルコサミンとコンドロイチンが同時に摂れる
  • ② 上記に加え、+αの成分も配合されている
  • 安心の国産メーカー
  • ④ ” 始めやすい! ” うれしい特典や初回限定価格が用意されている
  • ⑤ ” 続けやすい! ” コスパの良い定期購入が用意されている

サントリーグルコサミン アクティブ

サントリー「グルコサミン アクティブ」
  • グルコサミン+コンドロイチン配合
  • サントリーの独自成分「ケルセチンプラス」と「Ⅱ型コラーゲン」配合
  • 機能性表示食品」としてリニューアル
  • 「定期お届けコース」のうれしい特典で継続しやすい!
公式サイトはこちら

サントリーロコモア

サントリー「ロコモア」
  • グルコサミン+コンドロイチン配合
  • サントリーの独自成分「ケルセチンプラス」、「Ⅱ型コラーゲン」配合
  • 軟骨成分「プロテオグリカン」、筋肉成分「イミダゾールペプチド」配合
  • 「定期お届けコース」のうれしい特典で継続しやすい!
公式サイトはこちら

大正製薬大正グルコサミン コンドロイチン&コラーゲン

大正製薬「大正グルコサミン コンドロイチン&コラーゲン」
  • グルコサミン+コンドロイチン配合
  • コラーゲン」「デビルズクロー」配合
  • 初回限定で圧倒的なコストパフォーマンス!
公式サイトはこちら