関節痛に悪い習慣とは?

節痛は加齢が原因となる事も多くはありますが、過度による関節への負荷や、生活習慣の偏りが原因となる事も少なくありません。

CLEAR

関節痛を悪化させないために

「自分は辛い関節痛に悩んでいるのに、あの人はどうしてハツラツとしているの?」と思ったことはありませんか?

関節痛は年齢とともに誰にでも起こる症状ですが、少しの心がけで予防したり緩和したりすることも可能なのです。反対に、普段している何気ない行動が、もしかしたら関節痛をひどくする原因となっていることも。

ここでは、関節痛を悪化させる原因となりやすい、関節痛に悪い行動とはどんなものなのかをくわしく解説します。

関節痛を引き起こしてしまう行動とは?

関節痛を引き起こしやすい行動にはさまざまなものがありますが、最も考えられるのは身体的に無理をすること。最近では、中高年のスポーツ初心者による関節痛が増えているように、無理をしすぎて関節を痛めてしまう例も多いようです。

また関節に違和感があるにもかかわらず、無理して正座を続けたり、我慢して重いものを持つといった行動も、軟骨を必要以上にすり減らしてしまうことになります。

特に、農作業や立ち仕事、重いものを運ぶ仕事を続けていると、関節痛を悪化させる原因となってしまうこともあるため、出来る範囲でいたわってあげましょう。

関節痛は、偏った食生活と運動不足でも悪化します

食事と関節痛はあまり関係がないように思えますが、実は密接な関係があります。

丈夫な骨を作るカルシウムが不足すると骨がもろくなりますし、軟骨の原料となるグルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸などが不足すると、軟骨のクッション性が失われてしまいます。栄養バランスの乱れが関節痛を引き起こす原因となるのです。

また、運動不足も関節痛を悪化させる原因。痛みがあるとどうしても動きたくないと思いがちですが、適度な運動をしなければ関節液が十分に分泌されなくなり、スムーズな動きが妨げられます。加えて、筋肉には関節の負担を軽減する役割もありますので、運動不足で筋力が低下すると、関節の負担が大きくなり、痛みが生じるのです。

偏った食事と運動不足は肥満を引き起こし、さらに関節痛を悪化させてしまうことがありますので、十分に注意しましょう。

関節痛に悪い行動を避け、毎日をすこやかに

関節痛を思いがけず悪化させる行動とは、どんなものがあるのでしょうか。関節痛は、無理をして関節に負担をかけ過ぎたり、同じ姿勢のまま長時間いたりすることで悪化してしまいます。急激なスポーツや、仕事での肉体労働などには特に注意しましょう。

また、偏った食事による栄養バランスの乱れも、関節痛を悪化させる原因。カルシウムやグルコサミン、コンドロイチンなど、骨と軟骨にかかわる栄養素が不足してしまうことで関節痛が引き起こされることもあります。食生活が偏りがちな方はグルコサミンサプリメントなどの栄養補助食品で補ってあげましょう。

そして、運動不足は関節液の減少や筋力低下を招き、関節の負担を大きくすることも。食事の偏りと運動不足は、そのまま肥満へと繋がる恐れもあります。肥満になると関節への負担はますます大きくなりますので適切な体重を保てるよう心がけましょう。