関節痛に良い習慣とは?

関節痛を予防したり進行を抑えるために、または痛みを緩和するために心がけたい生活習慣とはどのようなものなのかを見ていきましょう。

CLEAR

辛い関節痛を緩和するためにはどんなことが必要?

関節痛があると動くたびに辛い思いをするため、なかなかハツラツとした生活を送ることが難しくなってしまいます。しかし、関節痛の痛みは自分で予防したり緩和したりすることも可能です。

日常生活でできる、関節痛に良い行動とは、どんなものがあるのでしょうか?ここでは、関節痛をやわらげ、毎日を元気に過ごすためのちょっとしたポイントをお伝えしていきます。

関節痛にならないために、まずは予防を!

変形性関節症は、年齢が上がるとともに誰にでも起こり得るものです。だからこそ、毎日の心がけで軟骨がすり減るのを少しでも予防していきましょう。

まず、肥満を防ぎ、適切な体重を維持することが関節痛の一番の予防になります。体重が増えすぎると、それだけ膝や足首などに大きな負担がかかりますので、標準値を超える体重の増加には十分に気をつけましょう。

また、毎日のバランスの取れた食事や、適度な運動を心がけましょう。食事は油分の摂りすぎを防いで、骨や軟骨をサポートするとされるカルシウム、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどを意識するようにしましょう。

またグルコサミンやコンドロイチンのサプリの摂取も効果的です。運動は、自分でできる範囲でウォーキングやストレッチをするなど、無理なく続けられるものから始めると良いでしょう。

もし関節痛になってしまったら

もしも関節痛が出てしまったら、まずは病院へ行って正しい診断を受けることが大切です。関節痛の中には、加齢によるものだけでなく、思わぬ病気が隠れていることもありますから、自己判断をしないようにしましょう。

そして、関節痛を緩和するために適正体重をキープしたり、痛む関節を冷やさないこと。また、関節に負担をかけないために正座ではなくイスの生活をすることなどが大切です。トイレも和式より洋式を使うといいですね。また、重い荷物を持ったり、階段を登り降りしたりする負担の大きな行動はなるべく避けるようにしましょう。

もちろん、食事や運動に気をつけて、健康的な毎日を心がけることも大切。関節痛があるからといってじっとしているばかりではなく、無理のない範囲で体を動かすようにしましょう。

関節痛の予防・対策をして、痛みのない生活を目指しましょう

関節痛がひどくなると痛みも強く感じるようになり、日常生活に支障がでてしまいます。そんな時は、関節痛に良い行動を知り、実行するようにしましょう。

関節痛を予防するためには、まず肥満を防止すること、次にバランスの良い食事や、適度な運動を心がけることが大切です。食生活では、特に軟骨や関節をサポートするグルコサミンやコンドロイチンなどを摂取できるようにしたいですね。

食事からの摂取が難しい場合は、グルコサミンサプリを積極的に活用しましょう。サプリメントの中には、コンドロイチンやコラーゲン、ヒアルロン酸など、年を重ねるごとに減少していく成分がたっぷり含まれているものもあります。

また、関節痛が出てきた場合は、適切な食生活と運動によるダイエットをして体重を減らしたり、関節を冷やさない、重い荷物を持たない、イスの生活をするなど、日常生活から改善していく心がけが大切になります。

辛い関節痛をできるだけ予防し、緩和するために、出来る事から1つずつ気をつけていきましょう。