関節痛を緩和するために

関節痛が出てきたらまずは医師に相談する事は正しい事です。また、それと同じくらい大切なのが関節に優しい日常生活をおくるよう心がける事です。

CLEAR

自分で出来る関節痛の治療とは?

関節痛が出てきたら、病院へ行って痛み止めや湿布をもらってくればいいと考えていませんか? 病院では、薬を処方するほかにも、機械を使って患部を温める温熱療法を行ったり、装具をつけて関節への負担を軽減したりする治療が行われます。しかし、関節痛にとって大切なのは、自分でできる治療に取り組むこと。

病院の力を借りながら、自分自身でも関節痛を緩和することができるのです。ここでは、自分でできる関節痛の治療についてご紹介します。

適度な運動で関節痛の緩和を

関節痛を緩和する可能性が高く、また毎日簡単に続けられる治療のひとつとして、適度な運動があげられます。

イギリスのキール大学の研究によると、膝や足首など下肢に変形性関節症がある患者が、筋力運動、水中運動、有酸素運動、柔軟運動を組み合わせて行った結果、何も運動をしなかった時と比べて関節痛が改善したことが、過去に発表された複数の試験データの調査によって明らかになったということです。

痛みがあるのに無理をして運動をすることは控えなければなりませんが、適度に運動をして関節や筋肉を動かすことは変形性関節症の症状の改善を促し、血行もよくなるため関節の冷えが改善され、ひいては痛みの緩和にもつながると考えられます。

関節痛を軽減するために取り入れたい成分

関節痛を緩和するには、食事に気をけることも大切です。まずは規則正しい、栄養バランスの整った食事をするよう心がけましょう。

関節痛に治療として取り入れたい成分として、特にカルシウム、ビタミンD、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどがあげられます。カルシウムとビタミンDは骨を形成する上で大切なもの。そしてグルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲンは関節を支え、動きをスムーズにする強い軟骨を作る助けとなるもの。日頃から積極的にこうした成分を取り入れましょう。

しかし、グルコサミンやコンドロイチンは食事から摂取するのが難しいもの。効率よく確実に摂取するためにはサプリなどを上手に利用することをオススメします。

関節痛は自分で軽減できる!

関節痛を緩和し、自分で治療をするためには、運動と食事に気をつけることが重要になります。

適度な運動は、関節の動きをスムーズにし、血行を良くするために欠かせません。また、筋肉をつけることは関節の負担を軽減することにつながります。

そして、食事においてはバランスよく食べることが大切ですが、特に骨を丈夫にするカルシウムやビタミンD、軟骨をサポートするグルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲンといったものを積極的に取り入れるようにしましょう。

グルコサミンやコンドロイチンは、普段の食事からは摂取しにくいため、サプリなどの健康食品を上手に活用して摂取するのがポイントです。