サポーターを使うべき?

痛みの予防や緩和のためには、サポーターが役立つことがあります。ここでは、サポーターの選び方や使い方についてお伝えします。サポーターを使うべきか迷っている方、ぜひご参考にどうぞ!

CLEAR

膝の痛みの予防と緩和に役立つサポーター

膝サポーター

立ち座り、階段の昇り降りなど、日常生活のふとした動作の際に膝がぐらついたり、痛んだりするようになると、少し動くだけでも不安を感じてしまいますね。

食生活に気をつけたり、できるだけ負担をかけないような動き方をしたりと、自分なりに努力を重ねている方も多いことでしょう。

膝に痛みがある時の日常の動作を支え、行いやすくしてくれる便利アイテムとしては、杖やテーピング、靴のインソール、正座椅子など、さまざまなものがあります。その中でも、最も手軽に利用できるものがサポーターではないでしょうか。

ここでは、膝の痛みや違和感があらわれた時に役立つサポーターの使い方や選び方について、詳しくお伝えします。

膝の痛みに効果的?サポーターの役割とは

足首サポーター

膝などの関節が痛んだり、違和感を感じたりする時、サポーターを装着すると楽になったと感じることがありますよね。それはなぜなのでしょうか? まずは、サポーターにどんな効果が期待できるのかを理解しておきましょう。

関節を冷えから守る

関節の痛みの原因のひとつには、冷えがあげられます。寒い時期や、体が冷えた時に関節痛を感じている人も多いことでしょう。サポーターをつけて膝などの関節を保温すると、痛みの予防や緩和に役立つことから、腫れや熱感などがない軽度の関節痛に悩む人には、保温を目的としてサポーターをつけることがすすめられているのです。

関節の安定感をキープする

また、サポーターには、関節の動きを支えて安定感をキープする役割もあります。歩いている時や運動をしている時に、膝がぐらついて不安定だと感じたり、ねじれやズレを感じたりする場合は、サポーターを装着して関節の動きを外から支えてあげることが有効です。サポーターをつけることによって関節の負担が減少し、動作が行いやすくなることが期待されます。

サポーターを膝の痛みの予防や緩和に効果的に利用するためには、目的に合わせてサポーターを上手に選ぶことが大切になってきます。まずは自分にはサポーターが必要なのかどうか、そして、どういったタイプのサポーターをつければいいのかをよく見極めた上で利用するようにしましょう。

サポーターの上手な選び方を知りましょう

サポーターについて解説する女性

関節痛が比較的軽い方、腫れや熱を持った感じがない方、そして日常的な動作に大きな支障を感じていない方は、関節を保温する目的でサポーターを使ってみましょう。冷えると膝が痛むなどの自覚がある場合も、痛みの予防を目的として保温タイプのサポーターを使うことをオススメします。

保温を目的としたサポーターは、薬局やドラッグストアなどでも販売されているため、比較的手に入れやすいと考えられます。さまざまなタイプがありますが、サイズや素材などをよく見て選びましょう。サイズを間違えると違和感を感じたり、血流を阻害してしまったりすることがありますので、注意しましょう。また、ある程度の時間装着することを考えて、肌にやさしい素材を選ぶことも大切です。

日常的な動作で痛みを感じたり、歩くと膝がぐらつくと感じたりする方や、過去に関節にケガをしたことのある方は、関節の保護と負担の軽減を目的としたサポーターを選びましょう。このタイプのサポーターは、支柱が入っているため、関節を支えて動きを手助けしてくれます。

支柱の入ったサポーターは、自分に合ったサイズのものを使わないとかえって痛みが増してしまう可能性もあります。サポーターを利用したいけれど、どれがいいかわからないという場合には、整形外科の医師などに相談してみましょう。

サポーターで関節を支えて快適な毎日を目指す

歩く、立つ、座るといった日常的な動作に不安を感じると、それが原因で行動範囲が狭まってしまいます。そうなると、動かないことで筋力が低下し、ますます関節によくない影響を及ぼしてしまうことも考えられます。痛みや不安があってもできるだけスムーズに日常動作が行えるように、サポーターを利用して関節の痛みを予防・緩和し、動きを支えてあげることも大切なことです。

毎日の生活の中で、冷えると痛みを感じる程度の軽い関節痛の場合には、保温を目的としたサポーターを利用して様子を見てみましょう。動作に不安を感じる場合や、歩くと膝が不安定だと感じる、動作のたびに痛みがあるといった場合には、関節を支える支柱が入ったサポーターが便利です。

また、重いものを持つ作業をする方や、ジョギングや登山といったアクティブな趣味に打ち込みたい方も、痛みやケガの予防としてサポーターを利用することをオススメします。痛みを事前に防ぐことは、関節の健康を守る上で非常に重要なことです。サポーターを利用して、少しでも関節の負担を軽減してあげましょう。

グルコサミンサプリでおなじみのサントリーからも膝サポーターが発売されています。こちらはサントリー健康科学研究所と、総合スポーツ用品メーカーであるミズノの共同開発で生まれ、膝をしっかり支えるフレックスチューブボーンと最先端技術で設計されたフィット感、さらに長時間使用してもムレにくい設計で、機能性に優れた膝サポーターです。

今現在、日常生活の中でひざの悩みを抱えている方は、
こちらのサントリー「ひざ動楽 歩行快適サポーター」をぜひチェックしてみてください。