グルコサミンサプリは関節痛の予防・改善に役立つの?

関節痛の予防や緩和に、サプリメントは効果的なのでしょうか?ここでは、グルコサミンサプリが関節痛の予防や緩和にどう役立つのか、詳しくお伝えします。

CLEAR

関節痛にサプリがすすめられている理由とは?

グルコサミンサプリメント

年齢を重ねると、誰もが膝などの関節に痛みを感じたり、立ったり座ったりする動作に不安を覚えたりするものです。関節の軟骨は、特に負担をかけていなくても、長年の日常動作によってだんだんとすり減っていきます。

また、年齢とともに筋力も低下して関節を支えることが難しくなるため、痛みや違和感が出てくるのは仕方がないことだと言われています。

しかし、仕方がないとはいえ、立ち座りや歩行など、日常的な動作が痛くて行えないとなると不便極まりないもの。痛みによる苦痛やさまざまな制限は生活の質の低下につながるだけでなく、外出や運動の機会が減り、関節がかたくなったり筋力が落ちたりして痛みが増す、という悪循環に陥ることも考えられます。

そんな関節痛の予防や改善に役立つと言われているのが、グルコサミンやコンドロイチンといった軟骨成分が配合されたサプリメントです。効果がないとも、期待できるとも言われているグルコサミンやコンドロイチンのサプリは、果たして本当に有効なのでしょうか?

グルコサミン、コンドロイチンのはたらき

膝が丈夫な人

グルコサミンやコンドロイチンは、以前から関節痛の予防や改善に効果的として知られる成分です。グルコサミン、コンドロイチンを配合したサプリメントや食品も、あちこちで見かけるようになってきましたね。特にコンドロイチンは医薬品としても使用され、人気を集めています。

グルコサミンは、軟骨を構成する成分を作り出すために欠かせない成分です。グルコサミンに関しては、長年に渡ってさまざまな研究が行われてきましたが、グルコサミンを摂取することによって、変形性関節症の痛みが緩和され、動作をスムーズにすることができるという報告があげられています。

また、グルコサミンには関節に起こる炎症を抑えるはたらきもあるのではないかとして、現在でも研究が進められています。グルコサミンは、軟骨の再生を促すことで関節痛を予防し、炎症を抑えることで痛みなどの症状を緩和する役割が期待されているのです。

コンドロイチンは、軟骨成分の約30%を占めると言われる成分で、軟骨の水分をキープして弾力を保っています。また、血管のない軟骨に栄養成分を運ぶ役割もあるため、積極的に補うことがすすめられています。グルコサミンと同様に、コンドロイチンも変形性膝関節症の症状を緩和する効果が見られるという研究結果が複数報告されています。また、グルコサミンと一緒に摂取することで、相乗効果が期待できるとも言われています。

グルコサミンもコンドロイチンも、もともと人間の体の中に存在している成分です。しかし、年齢とともにその量は減少し、生成能力も低下していきます。グルコサミンもコンドロイチンも、関節痛そのものを治療するような効果はないものの、さまざまな研究結果によって関節痛の予防や改善に十分役立つことが示されているため、積極的に摂取することが大切だと考えられます。

なぜサプリの利用がすすめられているの?

グルコサミンが豊富に含まれる食材、カニ

グルコサミンやコンドロイチンを補うことが大切なら、毎日の食事で、グルコサミンやコンドロイチンを多く含むものを食べればいいのではないかと考える方も多いでしょう。しかし、グルコサミンもコンドロイチンも食品から十分な量を補うことが難しいとされています。

関節痛の予防や改善のためには、1日あたりグルコサミン1500mg、コンドロイチンを800〜1200mg摂取することがすすめられていますが、これだけの量のグルコサミンやコンドロイチンを、食品のみで補うのはほぼ不可能です。そのため、サプリメントを利用して効率よく摂取することが大切なのです。

しかし、サプリメントによっては、配合されているグルコサミンやコンドロイチンの量が十分でないものや、残念ながら品質に疑問を抱かざるを得ないものもあります。2008年に公表された国民生活センターの調査結果では、コンドロイチンを含むサプリの中に、表示量に比べて実際の含有量が少なかったものや、胃の中で溶けにくいものもあったことが明らかになっています。

グルコサミンやコンドロイチンのサプリは数多くありますが、どれも同じではありません。関節痛の予防や改善に役立てるために飲むのであれば、成分の含有量やサプリを製造している会社の信頼性、原料の安全性などもしっかりと確認し、納得できるものを選ぶことも大切です。

関節痛予防に上手にサプリを活用するために

グルコサミンやコンドロイチンは関節痛の予防や改善に役立つと言われ、研究がすすめられてきた成分です。実際に関節痛が緩和されたという報告や、炎症が抑えられたという実験の結果もあり、今ではグルコサミンやコンドロイチンを配合したさまざまなサプリが見られるようになりました。

グルコサミンもコンドロイチンも薬ではありませんので、関節炎や関節痛が治るといった過剰な期待をするのは禁物ですが、痛みを予防するため、また、悩ましい症状を少しでも緩和したり、日常動作やスポーツ、趣味などに気兼ねなく打ち込んだりするために摂取することは有効であると考えられます。

年齢とともに減少していくグルコサミンやコンドロイチンは、食品からだけでは十分な量を補うことが難しいため、サプリを利用して効率よく摂取することがすすめられています。毎日を元気に過ごすためのサポート役として、グルコサミンやコンドロイチンを摂取したいという方は、質の良いサプリを選ぶことも大切になってきます。

メーカーのホームページや広告だけではなく、実際にそのサプリを飲んだ方の感想や、口コミなどを参考にするのもよい方法です。グルコサミンランキングやサプリのレビューをご参考に、自分に合うグルコサミン、コンドロイチンのサプリを探してみましょう。