コンドロイチンの効果

軟骨だけじゃない、コンドロイチンの優れた働きとその効果。体中で水分を保持するコンドロイチンは髪の毛や肌の潤いにも深く関係しています。

CLEAR

コンドロイチンにはどんな効果があるの?

コンドロイチンは、グルコサミンと共に、関節に痛みを感じ始める中高年世代に人気となっています。軟骨のためにコンドロイチンを積極的に摂取したいという人も多いもの。ではなぜコンドロイチンが軟骨にいいのか、具体的にどんな働きや効果を見ていきましょう。

ここでは、コンドロイチンが軟骨にどう働きかけるのか、またコンドロイチンが軟骨以外にもたらす効果を紹介します。

コンドロイチンの軟骨へ効果

コンドロイチンは、プロテオグリカンとして軟骨に存在し、軟骨の水分をキープする働きがあります。軟骨は、いわばスポンジのような組織であり、水分がなければ滑らかに動くことができません。コンドロイチンはそのスポンジに水分を与えて、軟骨の動きや弾力性を高めるのに役立ちます。

また、コンドロイチンには軟骨を分解する酵素を調節したり、コラーゲンの合成を助け、コラーゲンを新鮮に保つ役割もあります。コラーゲンは軟骨そのものを形成する成分である事から、コラーゲンをサポートするコンドロイチンもまた、軟骨の健康には欠かすことができない成分なのです。

軟骨だけではなく、あらゆるところに効果的なコンドロイチン

コンドロイチンが働いているのは、軟骨だけではありません。体の中の様々な臓器や皮膚、粘膜にコンドロイチンは存在し、水分を引き寄せる働きをしています。

たとえば、皮膚や髪の水分を保って潤いを与え、アンチエイジングに役立つとしてサプリや化粧品に使われたり、涙の成分に近いために目の健康を保つとして、目薬に添加されたりと幅広く活用されています。

また、コンドロイチンはカルシウムの代謝にも大きく関係し、骨の成長を助ける働きがあると考えられています。このように、体中のあらゆるところに働きかけるコンドロイチンは、若さと元気を保ってくれる大切な成分なのです。

コンドロイチンで若々しさとパワーをチャージ!

コンドロイチンは、体の中でさまざまな効果をもたらしてくれます。軟骨に水分を与えたり、コラーゲンの合成をサポートしたりすることで、軟骨のクッション性を高め、関節がスムーズに動くように働きかけるほか、軟骨を分解する酵素を調節する役割もあります。また、骨を丈夫にするカルシウムの代謝にも深く関わっている事もあり、軟骨と関節の健康には欠かせません。

さらに、肌や髪、目のうるおいを保つとして、化粧品や目薬に添加されることもあるなど、コンドロイチンは、軟骨を中心に、全身の若々しさをキープする優れた効果があるのです。