コラーゲンの効果

強く健康的な間接に欠かせないコラーゲン。軟骨の約半分がコラーゲンで構成されており、スムーズな動きを支えるため必須の成分、それがコラーゲンです。

CLEAR

コラーゲンにはどんな効果があるの?

コラーゲンは、肌のハリや弾力を保つために欠かせないものとして、女性からとても人気がある成分です。化粧品やサプリ、そして食べ物からコラーゲンを積極的に摂取する人も多いのではないでしょうか。

コラーゲンには、肌に弾力を与えるほかにも、軟骨や骨を丈夫にし、関節痛を緩和する効果があるとされています。ここでは、コラーゲンの持つさまざまな効果についてご説明します。

人間の体の中でのコラーゲンの役割

人間の体内にあるタンパク質のうち、約3割がコラーゲンです。コラーゲンは細胞と細胞の結びつきを強め、組織を支えるとともに、弾力性を与える効果や、細胞に栄養を与えたり、老廃物を排出する役割もあるとされています。

たとえば、骨にあるコラーゲンは、ミネラルやカルシウムを付着させることで骨を丈夫にし、骨粗しょう症を予防する働きがあります。また、コラーゲンによって作られた繊維によって、血行サポートの期待もできます。

肌の真皮も70%がコラーゲンで作られており、コラーゲンは肌のハリや弾力をキープし、しわやたるみなどを防いでくれる効果があると考えられています。

軟骨におけるコラーゲンの優れた効果

軟骨は、その50%がコラーゲンで構成されています。軟骨の中で、コラーゲンは軟骨の形を維持し、弾力性を高める重要な働きをしています。

軟骨はコラーゲンによって支えられ、関節の動きを守るクッションのような役割を果たすことができるのです。また、コラーゲンには軟骨の変形や摩耗を防ぐ効果や、骨を丈夫にする効果もあるため、関節や軟骨の健康を守るためには欠かせません。

コラーゲンを補うことで軟骨細胞が活性化されて軟骨の新陳代謝が活発になり、関節痛を緩和する効果があるとして、現在でも研究がすすめられています。ドイツの臨床試験においては、変形性関節症の患者にコラーゲンペプチドを1日10gを投与する臨床試験が行われましたが、2ヶ月後には約半数の患者に症状の改善効果が見られたとされています。

スムーズな動きをサポートするにはコラーゲンの摂取が大切!

コラーゲンの効果にはさまざまなものがありますが、一番良く知られているのは、肌にハリや弾力を与えてシワやたるみなどを防ぐというものでしょう。また血行をサポートするコラーゲンは、サラサラ生活の心強い味方でもあります。

また、コラーゲンは骨や軟骨にも多く含まれており、骨を丈夫にしたり、軟骨のクッション性を高めて衝撃から守る効果があります。そのため、コラーゲンを補うことは軟骨を丈夫にすることにつながり、関節痛を緩和するとして、期待されているのです。

人間の体の中のコラーゲンは加齢によって減少するため、積極的に補うことが、痛みの緩和やスムーズな動きにつながり、また全身のアンチエイジングを促すのです。