グルコサミンとコンドロイチンの違いと、両方摂れる人気サプリ3選!

グルコサミンから作られるコンドロイチン。似たような成分と思われる事も多い2つですが、それぞれ違った働きをしており、どちらも関節に大切な成分です。

CLEAR
特集!グルコサミンとコンドロイチンの違い、教えます

気になる項目をチェック!

第1章グルコサミンとコンドロイチンはここが違う!

グルコサミンとコンドロイチンの違いについて、わかりやすく簡潔に知りたい方のために、先にこの章のポイントを述べます。

こちらのポイントを押さえておくことで、以降の記事やグルコサミンサプリの特徴をより理解しやすくなるはずです。

初心者の方もグルコサミンサプリをお探しの方も、一通り確認されると良いでしょう。

グルコサミンとコンドロイチンには下記のような違いや共通点・特徴があります。

  • グルコサミンとコンドロイチンの違い
  • この2つの成分は、役割・特徴~効果まですべてが異なる
  • グルコサミンは軟骨の主成分の原料となる
  • コンドロイチンは軟骨に弾力を与える成分
  • 共通点
  • 元から関節など体内に存在している
  • どちらも軟骨にとって非常に重要な成分
  • 同時摂取で相乗効果が期待できる
  • どちらも年齢とともに減少する

以上を踏まえて、

もっと詳しく知りたい!という方はこのまま第1章の続きを読み進めてください。

サプリメントについて知りたい!という方は、 第2章グルコサミンサプリの選び方【3つのポイント】 第3章おすすめのグルコサミンサプリ【3選】 へ進みましょう。

もっと知りたい!グルコサミンとコンドロイチンの違い

お年寄り

関節痛に効果的と言われるグルコサミン。そして、グルコサミンと比較されたり、同時に摂取するとよいと言われているコンドロイチン。この2つの成分は、どちらも関節や軟骨の健康を守るために欠かせません

グルコサミンとコンドロイチンは、サプリメントなどに一緒に配合されていることも多いものですが、その特徴や役割には、どんな違いがあるのでしょうか? そして、なぜ両方同時に摂取することがすすめられているのでしょうか?

ここでは、グルコサミンとコンドロイチンの違いや相乗効果、飲み合わせの相性などについてお伝えしましょう。

グルコサミンの特徴と役割とは?軟骨を作る原料!

グルコサミンの図解に差し替え

グルコサミンは、アミノ酸と糖が結びついてできたアミノ糖の一種。私たちの皮膚や爪、靱帯、そして軟骨に存在しています。もともと体内に存在しているため、サプリメントなどから摂取した場合も親和性が高く吸収されやすい栄養成分です。

それでは、グルコサミンは軟骨の中でどのような役割を果たしているのでしょうか?

グルコサミンは、軟骨の主成分であるプロテオグリカンという成分を作り出す原料となっています。

ここがポイント!

グルコサミン=プロテオグリカンの原料

プロテオグリカン=軟骨の主成分

グルコサミンはプロテオグリカンの原料となり、軟骨そのものを強化し、すり減っていく軟骨を修復したり再生を促したりするはたらきがあると言われています。また、変形性関節症のように軟骨が極端にすり減って起こる関節痛の緩和や、炎症の抑制にも効果的であるとして、研究がすすめられている成分です。

つまり、グルコサミンは軟骨を作るもととなり、関節の健康を保つことで、私たちのスムーズな動きを支えているのです。

しかし、体内のグルコサミンや軟骨(プロテオグリカン)は、年齢と共に減少して行くものです。

体内のグルコサミン量は20代で50%まで減ってしまいます。その後も30代・40代と減り続け、50代では20%まで減少してしまうと言われています。実際には、40~50代に差し掛かると、膝などの関節に不安を覚える人が多いようです。

軟骨は関節を動かす時にクッションの役割を果たしていますが、加齢や運動などによって少しずつすり減っていきます。そうなると、次第に骨と骨がぶつかり合うようになると痛みや違和感が出てきます。

グルコサミンに関しても加齢によって体内で生成される量が減少する傾向があるので、おのずとプロテオグリカンの生成量も減ることになります。

プロテオグリカンが減少するということは軟骨の水分が不足し弾力性が失われるということです。すると、軟骨同士の摩擦が増え、余計に軟骨がすり減りやすくなってしまいます。

グルコサミンをはじめ、関節のクッションは加齢とともに減少する

関節痛や関節の不安や違和感で悩む方のうち、その多数が変形性関節症によるものだと言われていますが、この変形性関節症は軟骨がすり減ることによって引き起こされます

関節に痛みや不安があると、ありとあらゆる面で日常生活に支障をきたすことは想像に難しくないでしょう。そうならないためにも、グルコサミンは私たちの生活に必要な栄養素であると認識できます。

もっと詳しく!クリックして詳細表示
軟骨に必要なプロテオグリカンとは?

弾力のある軟骨にはプロテオグリカンが欠かせない

軟骨とは私たちの関節部分において、骨の先端を覆うように存在している組織です。特徴としては、滑りやすく優れた弾力性を持つことが知られています。関節では軟骨がクッションの役割を果たしてくれるおかげで、骨と骨がこすれ合うのを防ぎ、肘や膝を不自由なく曲げ伸ばしすることができるのです。

ここまでは一般的に知られていることだと思いますので、もう少し詳しく見ていきましょう。

「軟らかい骨」と書く軟骨ですが、実は骨の一部ではなく、様々な成分や栄養素、水分から構成される結合組織です。特に水分量は全体の70~80%を占めており、豊富な水分により優れた弾力性を持つことができます。そして、この豊富な水分を保持しているのがプロテオグリカンなのです。

軟骨の弾力性=豊富な水分量=プロテオグリカンが不可欠

プロテオグリカンは優れた保水力を持つ成分で、軟骨の主成分となります。その保水力はヒアルロン酸以上と言われており、軟骨がクッションの役割を果たすためにはなくてはならない存在と言えるでしょう。

また、プロテオグリカンには抗炎症作用があります。骨同士が接触することで炎症が起こり関節痛の原因となっている場合は、痛みを緩和する効果が期待できます。

ちなみに、プロテオグリカンの中にはコンドロイチンが存在しています。

コンドロイチンは、プロテオグリカンを構成する成分の一つであり、優れた保水力を持ちます。プロテオグリカンの豊富な水分は、実はコンドロイチンのおかげなのです。詳しくは次の章「コンドロイチンの特徴と役割とは?」で解説しています。

グルコサミンの摂取方法

グルコサミンはどれくらい必要なの?

グルコサミンの1日の摂取量は、摂る人の体重によって目安が異なります。

効果的にグルコサミンを取り入れるためにも、まずはご自身に適した量を確認しておきましょう。

CLEAR グルコサミン コンドロイチン
~54kg 1000mg 800mg
55~90kg 1500mg 1200mg
91kg~ 2000mg 1500mg

グルコサミンは食べ物から摂れる?

結論としては、食事から十分な量のグルコサミンを摂ることは非常に難しいと言えます。

関節の健康のためにグルコサミンを摂取する場合は、決まった量を、毎日、効率よく摂取できるサプリメントを利用するのが一番です。

理由としては、食事からでは純粋にグルコサミンのみを摂取しにくく吸収率が悪いということが挙げられます。また、仮に試みたとしても、グルコサミンの摂取量が非常にあいまいであるため、一日の目安に届いているか把握することは困難でしょう。

さらに詳しく知りたい方は、下記の解説をご覧ください。

もっと詳しく!クリックして詳細表示
「食べ物からは難しい」詳しい理由

グルコサミンはカニの甲羅やエビの殻など甲殻類に豊富に含まれていますが、毎日カニやエビを殻ごとバリバリ食べるわけにはいきません。もしかしたら、エビであれば調理次第で食べられそうな気もしますが、それでもおすすめできない理由があります。

カニの甲羅などに含まれるのはグルコサミンの原料となるキチンという成分です。キチンは口から摂取しても体内に吸収されにくいため、たとえ大量に食べたとしても十分な量のグルコサミンを摂取することは難しいでしょう。

それでは、他の食材ではどうでしょうか?

他にグルコサミンが多く含まれる食材としてよく知られているのは、うなぎやフカヒレ、牛・豚・鶏などの軟骨、オクラや山芋などネバネバ系の食べ物が挙げられます。中には食卓に並べやすいものもありますが、ここでもおすすめできない理由があります。

これらの食材に含まれるのは、正確にはグルコサミンではなくプロテオグリカンなのです。プロテオグリカンはそのまま吸収されるわけではなく、体内で分解されてから一部がグルコサミンとして吸収されます。そのため、やはりこちらでも思うようにグルコサミンを摂取できないでしょう。

グルコサミンの特徴と役割 まとめ

  • 軟骨の主成分(プロテオグリカン)の原料となる
  • プロテオグリカンの豊富な水分により、軟骨は弾力性を得る
  • 年齢とともに減少してしまう(20代50%~50代20%)

ちなみに、プロテオグリカンの中で保水を担当しているのがコンドロイチンです。

詳しくは次の章「コンドロイチンの特徴と役割とは?」をご覧ください。

コンドロイチンの特徴と役割とは?抜群の保水性を持つ成分!

コンドロイチンの図解に差し替え

グルコサミンは、プロテオグリカン(軟骨の主成分)の原料となる成分でした。私たちの関節は、このプロテオグリカンが軟骨に十分な弾力を与えることで、不自由なく曲げ伸ばしすることができるのです。

それでは、コンドロイチンはこれらとどの様に関わってくるのでしょうか?

実は、コンドロイチンは軟骨に弾力性を与えるという重要な役割を持つ成分なのです。

※プロテオグリカンについて、詳しくは前章をご覧ください

コンドロイチンは軟骨に弾力を与える

コンドロイチンは、細胞同士をつなぐムコ多糖類のひとつで、グルコサミンと同じように、皮膚や靱帯などのほか、眼球や角膜、そして軟骨に含まれる成分です。軟骨内では、主成分であるプロテオグリカンの中に存在しています。

軟骨が骨と骨の間でクッションの役割を果たすには、十分な弾力=水分量が必要です。

コンドロイチンは優れた保水性を備えており、それによりプロテオグリカンの豊富な水分を保っています。プロテオグリカンは70~80%が水分で構成されているため、コンドロイチンは非常に重要な成分であることがわかります。

また、血管のない軟骨に水分とともに栄養を運び入れ、老廃物を排出するはたらきがあります。軟骨は、コンドロイチンによってみずみずしく健康を保ち、関節をスムーズに動かすためのクッションとしての役割を果たせると言えるでしょう。

コンドロイチンは軟骨の破壊を抑えるほか、関節痛を予防・緩和したり、カルシウムの代謝をサポートして骨の成長を支えたりするはたらきを持っていることから、関節を滑らかに動かすために非常に重要な役割を果たす成分であると考えられています。

コンドロイチン=プロテオグリカンの水分を保持=軟骨に弾力性を与える

しかし、グルコサミンと同様、コンドロイチンも年を重ねるとともに減少してしまうものです。

コンドロイチンが最も生成されるのは成長期であり、40代以降では本来必要な量の5%程度しか生成されなくなります。20歳前後をピークに減りはじめるコンドロイチンですが、減少量を比較するとグルコサミンよりも失いやすい成分と言えるでしょう。

コンドロイチンが減少するとそれだけプロテオグリカンの水分量が減り、軟骨の弾力性が失われることになります。すると、軟骨同士の摩擦が増え、いずれ関節痛を引き起こす可能性があります。

よく「グルコサミンとコンドロイチンはどっちが良いの?」と比較されたり、疑問に思う方も多くいらっしゃいますが、私たちの関節にとってはどちらも必要であり、重要な成分であるということを忘れずにいてください。

コンドロイチンの摂取方法

コンドロイチンはどれくらい必要なの?

コンドロイチンの1日の摂取量は、グルコサミンと同様、体重によって目安が異なります。

人気のサプリメントでは、コンドロイチンやグルコサミンは一緒に配合されているものが主流となります。どちらもご自身に適した量を摂取できるよう、1日の目安量を確認しておきましょう。

CLEAR グルコサミン コンドロイチン
~54kg 1000mg 800mg
55~90kg 1500mg 1200mg
91kg~ 2000mg 1500mg

コンドロイチンは食べ物から摂れる?

食材の中にはコンドロイチンを含むものもありますが、グルコサミンと同じく、やはり食事から十分な量のコンドロイチンを摂ることは難しいと言えます。

うなぎやヒラメなどの魚介類をはじめ、山芋や里芋、納豆やオクラなどにはコンドロイチンが含まれていますが、一日に必要な量を補えるほど多くは含まれていません。また食材からでは吸収率が悪いため、食事のみでコンドロイチンを摂取するには、これらの食材を大量に食べる必要があるでしょう。

それでも、日常的に少しでも関節に良い食事がしたいという方におすすめなのは、うなぎやフカヒレ、山芋やオクラです。これらの食材にはコンドロイチンだけでなくグルコサミンも含まれているため、2つの成分を効率よく摂取することができます。

コンドロイチンの特徴と役割 まとめ

  • 軟骨の主成分(プロテオグリカン)の中に存在する高保湿成分
  • 優れた保水力で軟骨に弾力性を与え、関節のクッションを強化する
  • 年齢とともに減少していく(20歳前後がピーク~40代5%程度)

グルコサミンとコンドロイチンの違いと相性

ここで一度、グルコサミンとコンドロイチンの違いについてまとめておきましょう。両者の違いを比較することで、それぞれの成分についてより理解が深まるでしょう。

また、ここではグルコサミンとコンドロイチンの相性についても解説していきます。

現在はグルコサミンとコンドロイチンが両方配合されているサプリメントが主流となります。2つの成分の相性について理解することで、サプリメントを選ぶ際の指標となるでしょう。

それでは、グルコサミンとコンドロイチンの違いについて、それぞれの特徴をもとにまとめてみましょう。

  • グルコサミンの特徴
  • アミノ糖の一種
  • 軟骨を構成するプロテオグリカンの原料となる
  • 軟骨を修復や再生を促す
  • 軟骨を強化する
  • コンドロイチンの特徴
  • ムコ多糖類の一種
  • 軟骨を構成するプロテオグリカンの中に含まれる
  • 軟骨に水分と栄養を与え、老廃物を排出する
  • 軟骨の破壊を抑制する

グルコサミンとコンドロイチンの相性は?

グルコサミンは、軟骨の主成分であるプロテオグリカンを作り出し、そのプロテオグリカンの中に存在するコンドロイチンが軟骨に水分や栄養を与えています。

そして、コンドロイチンが軟骨の破壊を抑制するとともに、グルコサミンが軟骨の修復や再生を促しています。つまり、私たちの関節と軟骨は、グルコサミンとコンドロイチンの連携プレーによって守られているのです。

このように、お互いに連携し合うグルコサミンとコンドロイチンは、その相性が大変良いことで知られています。

グルコサミンはコンドロイチンを含むプロテオグリカンの原料となるため、グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂取すると、効率的に両方の成分を増やし、相乗効果が得られると期待されます。

また、グルコサミンとコンドロイチンにはそれぞれ違った役割があることからも、軟骨の健康を保つためには、それぞれを同時に補うことが重要だと考えられています。

しかし、グルコサミンもコンドロイチンも、食品に含まれる量が少ない上に、体内での吸収率も高くないため、普段の食事のみで十分な量を取り入れるのは難しいことです。

そのため、2つの成分を効率よく摂取するには、グルコサミンとコンドロイチンを同時に摂取できるサプリが主流となっており、人気ランキングでも上位を占めるためその満足度の高さがうかがえます。

膝などの関節に違和感や不安がある方、いつまでも元気よくアクティブに過ごしたい方には、グルコサミンとコンドロイチンを同時に摂取できるサプリメントがおすすめです。

グルコサミンとコンドロイチンの効果

歳を重ねるにつれて軟骨は自然と確実にすり減っていくものであり、多くの人が関節の悩みを抱えています。

そんな中、グルコサミンとコンドロイチンに期待できる効果とはどのようなものでしょうか?

グルコサミン : 軟骨組織の生成・修復のサポートと関節痛を改善する抗炎症作用

コンドロイチン : 軟骨のクッション性(弾力性)の強化と関節痛を改善する抗炎症作用

グルコサミン+コンドロイチンの相乗効果

グルコサミンは軟骨の主成分であるプロテオグリカンの原料となるため、軟骨の生成や修復を促す効果が期待できます。それに伴い、プロテオグリカンに含まれるコンドロイチンも増幅できるため、関節のスムーズな動きをサポートすることができるのです。

コンドロイチンはプロテオグリカンに豊富な水分をもたらし、それによって軟骨は弾力性を得ることができます。軟骨のクッション性が強化されればより軟骨のすり減りを防ぎ、グルコサミンによる軟骨組織へのサポートが強化されます。

このように、グルコサミンとコンドロイチンは互いに影響し合う成分であると考えられているため、2つの成分を同時に摂取することで得られる相乗効果が期待されているのです。

また、グルコサミンとコンドロイチンはともに抗炎症作用を持つ軟骨成分であり、炎症を伴う関節痛の改善に効果的と言われています。

代表的な関節痛の症状として、変形性膝関節症というものがあります。これは、骨同士の接触により炎症が起こり関節を痛めるという症状で、加齢による関節の痛みや違和感の原因は、大多数がこの変形性膝関節症だと言われています。

グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果で、2つの成分による炎症改善へのアプローチが関節痛の緩和を促します。また、はっきりとした痛みはないけど関節に違和感や不安を感じるという方にも予防効果が見込めるため、そういった方にもグルコサミンとコンドロイチンの相乗効果は期待できるものです。

グルコサミンとコンドロイチンは本当に効くの?

「本当に関節痛に効くの?」

グルコサミンやコンドロイチンの使用を検討している方なら誰でも疑問に思うことではないでしょうか。

結論から申しますと、関節痛(変形性関節症)への改善効果は大いに期待できます。また、実際に改善効果を実感している方も確実にいます。

もっと詳しく!クリックして詳細表示
変形性関節症とは?

私たちの関節を支える軟骨は、歳を重ねるとともにすり減っていくもの。長年の摩擦や、加齢に伴う体内のグルコサミンやコンドロイチンの減少などが原因となり、だんだんと関節の曲げ伸ばしがスムーズにできなくなるのです。

軟骨が衰えると、これまで守られてきた軟骨のクッションが弱まるため、骨同士の摩擦が増えていきます。このとき、骨同士の接触により炎症が起こる場合があります。これが、変形性関節症と呼ばれる関節痛です。変形性関節症は、関節痛の中でも最も起こりやすい症状とされており、多数の方が関節を痛める原因と言われています。

グルコサミンを用いた関節痛の改善に関する臨書試験や研究は国内外で幅広く行われており、少なくとも1960年代には着手されています。そのころにはドイツやイタリアの研究・実験において、関節痛への効果が期待できるという結果が報告されました。その後、1980年代ごろには医薬品として使用され始めたようです。

コンドロイチンの歴史はさらに古く、1930年~40年代には臨床試験を経て薬として使用されていたと言われています。現在も研究は進み、今ではグルコサミンとの同時摂取で相乗効果が見込めると示されるまでになりました。

現在、ヨーロッパやアメリカなど海外では医薬品として関節痛の治療に使用されることもあります。

日本ではグルコサミンが治療薬として用いられることは稀で、基本的には健康食品やサプリメントに配合されることがほとんどですが、最近では「機能性表示食品」として認められたグルコサミンサプリも登場しています。

もっと詳しく!クリックして詳細表示
機能性表示食品とは?

保健機能食品制度の一つであり、事業者の責任により科学的な根拠に基づいた上で機能性を表示した食品(サプリメント)。安全性や機能性に関する情報を消費者庁長官に届け出た上で販売されています。

その他の保健機能食品制度である「特定保健用食品(トクホ)」や「栄養機能食品」とは基準や表示目的などの面で違いがあります。

具体的なものを挙げると、サントリーのグルコサミン アクティブがこれに該当します。こちらはグルコサミンとコンドロイチンにケルセチンプラスという独自成分を加えた組み合わせで、関節痛の改善が認められています。

グルコサミン + コンドロイチン + ケルセチンプラス = 機能性(関節痛の改善)

このように、グルコサミンやコンドロイチンに関する研究や開発は日夜行われており、サプリメントも日々進化しているのです。

ネット上では「絶対に効かない」「髪の毛を食べても生えてこないのと同じで、飲んでも意味はない」などという意見を目にすることもありますが信憑性は感じられません。そもそも髪の毛は栄養を摂取するものではないのでグルコサミンと比較すること自体が無意味です。

グルコサミンサプリの使用を検討している方は、どうか下記の点を忘れずに納得のいくサプリを選んでください。

ここがポイント!

改善効果が認められているサプリや事例は確実にある

医薬品ではないので治療・完治は望めない

・ご自身に本当に効くかどうかは、ご自身で確かめる以外に方法はない

よくある質問

Qグルコサミンとコンドロイチン、関節痛に効くのはどっち?

Aそれぞれ作用が異なるため一概には決められません。同時摂取による相乗効果がベスト!

さらに解説を表示

関節の炎症を抑え、痛みを緩和する抗炎症作用はどちらにも備わっています。

グルコサミンとコンドロイチンでは関節(軟骨)に対する作用が異なるため、「○○の方が効く!」とは一概には言えません。

確かなことは、どちらか一方に偏って摂取するよりも両方を同時に摂取することで相乗効果が見込めるということです。

Qしばらく飲んでみたけど効果が実感できなかったけど?

A関節痛の症状が重い場合には医師への相談や通院も要検討。

さらに解説を表示

グルコサミンやコンドロイチンは、飲み始めてから2、3日ですぐに効果が実感できるようなものではありません。

基本的には数か月単位での長期的な使用が望ましいとされています。既にひどい痛みや日常生活に支障をきたすほどの症状が現れている場合は、医師への相談や病院での治療を優先しましょう。

第1章「グルコサミンとコンドロイチンはここが違う!」はここまでです。

グルコサミンとコンドロイチンそれぞれの特徴や関節での役割、相乗効果など、お分かり頂けましたでしょうか?

以上の内容を踏まえて、
次は第2章「サプリメントを上手に選ぶポイント!」へと展開していきます。

ここまでの時点でサプリメントを見たいという方は、
第3章「おすすめのグルコサミンサプリ【3選】」へ進んでください。

第2章グルコサミンサプリを上手に選ぶ3つのポイント!

この章では、グルコサミンとコンドロイチン両方が配合されているサプリメントを上手に選ぶために大切な3つのポイントを中心に解説していきます。早くポイントだけ知りたい!という方のために、先に結論を述べます。

※以下、「グルコサミンとコンドロイチンが両方配合されているサプリ」も含め、すべて「グルコサミンサプリ」と表記を統一します。

グルコサミン選び、3つのポイント!

1 優れた成分
グルコサミンとコンドロイチンに加え、+αの成分が配合されていること。

2 安全性
安心の国産メーカー、製造過程で安全性が保たれているか。

3 価格・特典
始めやすく、続けやすい価格設定や特典が用意されているか。

以上の3つです。

選び方についてもっと詳しく!という方は、このまま第2章の続きを読み進めてください。

おすすめのグルコサミンサプリが知りたい!という方は、 第3章おすすめのグルコサミンサプリ【3選】 へ進みましょう。

グルコサミンサプリとコンドロイチンサプリ、どうやって選べばいいの?

現在、グルコサミンサプリは様々なメーカーから多数販売されています。国内だけでなく海外メーカーのものもスマホで気軽に買い物ができる時代なので、選択肢は膨大と言わざるを得ません。

「種類が多くてどれを選べばいいかわからない」

「納得してからじゃないと購入に踏み切れない」

実際にこのように感じている方は非常に多く、グルコサミンやコンドロイチンをなかなか手にしづらいのが現状なようです。また新しいサプリが増えるほど情報も増えて行くので、このままでは関節痛の改善に踏み出せません。

この章では、そんな悩める方やグルコサミンサプリの使用を検討している方に向けて、サプリを選ぶ前に知っておきたい6つのことに始まり、グルコサミンサプリを上手に選ぶ3つのポイントを中心に解説していきます。

特別に難しい項目はありませんが、中にはご自身にとって重要な情報も記載されていると思います。グルコサミン選びの前にぜひ目を通してみてください。

グルコサミンサプリを選ぶ前に知りたい6つのこと

Qグルコサミンの動物性と植物性はなにが違うの?

A吸収力が高い動物性(エビやカニ)のグルコサミンが主流

さらに解説を表示

グルコサミンには動物性と植物性が存在します。

主にエビやカニの甲羅から抽出されるものが動物性グルコサミン、主にとうもろこしから抽出されるものが植物性グルコサミンとなります。グルコサミンが含まれる食材として知られているオクラ、山芋なども植物性のグルコサミンです。

動物性と植物性では、動物性の方が吸収率が高いとされています。

グルコサミンはもともと私たちの体と相性の良い成分ですが、私たちも動物であるため、動物性グルコサミンはより親和性が高く吸収されやすいのです。サプリメントに配合される場合も、多数のメーカーが動物性グルコサミンを採用しています。

植物性グルコサミンのメリットとしては、甲殻類アレルギーの心配がないことが挙げられます。植物性のグルコサミンを配合しているサプリメントもあるので、甲殻類アレルギーの心配がある方はそちらを選びましょう。

Q何歳から飲み始めれば良いの?

A40代~50代で飲み始める方が多い、日常的に関節をよく使う方はもっと早くから

さらに解説を表示

体内のグルコサミンやコンドロイチンの量は加齢とともに減少していくもの、このことはご存知の方も多いかと思います。それでは、どちらの成分も20代のうちにかなりの量を失ってしまうということはご存知でしょうか?

具体的には、グルコサミンは20代で50%にまで減ってしまいます。その後も30代・40代と減り続け、50代では20%にまで減少してしまうのです。

コンドロイチンは成長期(15~18歳)に最も生成され、20歳前後をピークに減少し始めます。そして40代では本来必要な量の5%程度しか生成されません。

20代を境に減りはじめるグルコサミンとコンドロイチンですが、実際に膝・肘などの関節に違和感や不安を覚えるのは40代~50代の方が多いと言われています。また、趣味やスポーツ、仕事などで日常的に関節をよく使う方は30代から飲み始める場合もあります。

共通して言えるのは、関節に不安を感じたら痛みが出る前に飲み始めるのがベストということです。

Qどれくらいの期間飲み続けたらいいの?

A最低でも1、2ヶ月~数ヶ月以上の長期使用も要検討!

さらに解説を表示

グルコサミンサプリを摂取する期間は、関節の状態や症状の軽度、また摂取する目的によって変わります。

関節痛の症状が重ければ長期的な摂取が望ましいとされていますし、症状が軽ければ比較的早く効果を実感できる可能性があります。また、関節の健康維持を目的とする場合も長期的(定期的)に使用する必要があるでしょう。

サントリーでは、関節痛(変形性関節症)に悩む方を対象にグルコサミンサプリを用いて16週間の臨床試験を行っています。その結果、摂取後4週目で微量な変化が見られ、8週目以降では4週目と比べて大幅な改善が見られました。それ以降も、16週目まで改善の判定は伸び続けたことが報告されています。

グルコサミンサプリは摂取してすぐに2、3日で効果を実感できるものではありません。基本的には数か月、最低でも2ヶ月以上は続けることをおすすめします。

Qグルコサミンとコンドロイチンの摂取量の目安は?

A摂取する方の体重によって目安が変わります!

さらに解説を表示

グルコサミンとコンドロイチンには1日に必要な摂取量(mg)の目安があります。

この目安は摂取する人の体重によって目安が異なるので、ご自身に適した量を確認しておきましょう。

CLEAR グルコサミン コンドロイチン
~54kg 1000mg 800mg
55~90kg 1500mg 1200mg
91kg~ 2000mg 1500mg

Q過剰摂取や副作用の心配はないの?

A過剰摂取が悪影響をおよぼす可能性もある

さらに解説を表示

グルコサミンもコンドロイチンも、本来は体内で作られる軟骨成分であるため親和性の高い成分です。

安全な成分ではありますが、一部の使用者の中には胃のむかつきや不快感、胸やけなど胃腸症状が出るケースも報告されています。これは多くの場合、グルコサミン、コンドロイチンの過剰摂取が原因と言われています。

グルコサミンサプリはたくさん飲んだからと言って効果が上がるわけではないので、1日の摂取量の目安は必ず守るように心がけましょう。また、なるべく胃の負担を減らしたいという方は食後に摂取することをおすすめします。1日分の粒数を3等分して、毎食後にまんべんなく飲むと良いでしょう。

A持病や薬との飲み合わせなどで副作用がでる可能性もある

さらに解説を表示

過剰摂取など極端な使い方をしなければ安全性が高いグルコサミンサプリですが、アレルギーや特定の成分との飲み合わせには注意が必要です。

甲殻類アレルギーがある方

サプリメントに配合されるグルコサミンはエビやカニの殻を原料としている場合があるので、甲殻類アレルギーがある方は注意が必要です。グルコサミンサプリの摂取がアレルギー反応を引き起こす可能性も考えられますので、該当する方は使用を控えるか、医師に相談のうえ使用を検討してください。

糖尿病、高脂血症、高血圧といった持病がある方

グルコサミンの摂取により血糖値やコレステロール値、血圧などに影響を与える可能性が考えられています。現在は研究が進められている段階であるため、悪影響の有無が明らかになっているわけではありません。

適切な摂取量であれば特に影響はないかもしれませんが、こういった持病や健康状態に心当たりのある方は、まずはかかりつけの医師に相談してみましょう。

抗凝固薬との飲み合わせ

抗凝固薬とは血液を固まりにくくするための医薬品であり、血栓の予防などに使用されます。代表的なものにはワルファリン(ワーファリン)、ダビガトラン(プラザキサ)、エドキサバン(リクシアナ)などが挙げられます。

グルコサミンやコンドロイチンは、この血液を固まりにくくする作用を強めてしまう可能性があると考えられています。その影響により出血を起こす危険性があるため、現在抗凝固薬を服用している方はグルコサミンやコンドロイチンが配合されたサプリメントの使用は控えてください。

Q病院で処方してくれないの?

A処方や保険適用のものはありません

さらに解説を表示

グルコサミンサプリは薬や医薬品に分類されるものではありません。グルコサミンサプリの中には機能性表示食品として認められているものもありますが、あくまでも健康食品、栄養補助食品に分類されます。

もともと医師の診断を受けて処方されるといった類のものではないので、保険適用のものはありません。

グルコサミンサプリを上手に選ぶ3つのポイント

グルコサミンサプリの使用を検討している方は、ここからが本番です。

グルコサミンサプリを選ぶ上で大切な3つのポイントを見ていきましょう。

選び方のポイント①:配合成分グルコサミンとコンドロイチンに加え、
+αの成分が配合されていること!

その理由とは??

相乗効果が狙える!

グルコサミンは軟骨の主成分・プロテオグリカンの原料となる。

コンドロイチンは優れた保水性により、プロテオグリカンに弾力を与える。

このように、グルコサミンとコンドロイチンはそれぞれ個別の役割を持ちますが、お互いに影響し合う軟骨成分です。この2つがどちらも配合されているグルコサミンサプリには、相乗効果が期待できるというのが最大のポイントです。

さらに、どちらも抗炎症作用を持つ成分であるため、同時に摂取することで関節痛(変形性関節症など)への改善効果がより期待できます。

また、はっきりとした痛みはないけど関節に違和感や不安を感じるという方にも予防効果が見込めるためおすすめです。

コストパフォーマンスが良い!

グルコサミンサプリとコンドロイチンサプリを別々で摂ろうと思ったら、それだけ出費が増えます。どちらか一方のみ配合されているサプリメントもちゃんとあるので決して悪いわけではありませんが、単純計算でも倍近くになってしまいますね。

個人差もありますが、グルコサミン・コンドロイチンサプリは長期的な使用が望ましいとされているため、続けやすさを考えるとコストパフォーマンスも重要になります。グルコサミンとコンドロイチンどちらも気になる方は、相乗効果も狙えて、コスパも良く続けやすいものを選びましょう。

もっと詳しく!クリックして詳細表示

グルコサミン塩酸塩や硫酸塩など、表記の違いについて

サプリメントによって、配合されているグルコサミンやコンドロイチンの表記が異なる場合があります。

サントリーのグルコサミン アクティブ(以下:アクティブ)を例に挙げてみましょう。

表記としては「グルコサミン」や「コンドロイチン」が最もオーソドックスな形ですが、アクティブでは「グルコサミン塩酸塩」「コンドロイチン硫酸」という表記で掲載されています。

グルコサミンの後ろに塩酸塩や硫酸塩と付くと、「他とは違う成分なのではないか?」と考えてしまう方も少なくないと思いますが、ご安心ください。

結論から言いますとこれらの表記に違いはなく、グルコサミン塩酸塩=グルコサミン、コンドロイチン硫酸=コンドロイチンという認識で問題ございません。

グルコサミン塩酸塩とグルコサミン硫酸塩

グルコサミンには2つの種類があり、それが「グルコサミン塩酸塩」と、もう一つは「グルコサミン硫酸塩」です。

グルコサミン分子の中に塩酸基と硫酸基のどちらを含むかによって分類されますが、これらはエビやカニの甲羅からどのようにしてグルコサミンを抽出するかによって決まります。また、抽出後の分子の大きさや純度に違いがあり、グルコサミン塩酸塩の方が吸収率が良く私たちの体に適していると言われています。

日本のサプリメントに関しては、主にグルコサミン塩酸塩の方が使用されています。そのため、表記が異なる場合でも「グルコサミン塩酸塩=グルコサミン」と判断することができるのです。

コンドロイチン硫酸とは?

こちらも「硫酸」という言葉のイメージから、「なんとなく躊躇してしまう」「普通のコンドロイチンと違うの?」と考えてしまう方がいるかもしれませんが、「コンドロイチン硫酸」はコンドロイチンの正式名称です。

一般的に知られているコンドロイチンと同じものという認識で問題ございませんのでご安心ください。

関節の健康を最大限にサポート!

現在、主流・人気となっているグルコサミンサプリには、グルコサミンとコンドロイチンだけではなく、+αで関節に良い成分が配合されているものが数多くあります。

成分の種類や組み合わせはメーカーごとに異なり、中にはメーカー独自の配合成分や組み合わせを最大の売りとしているグルコサミンサプリもあり人気を集めています。

各メーカーが長年の研究を経てたどり着いた+αの組み合わせは、グルコサミンとコンドロイチンの力をより確かなものとし、関節の健康維持をサポートしてくれるものばかりです。

下記で紹介している成分はどれも、第3章おすすめのグルコサミンサプリ【3選】に選ばれたサプリメントに配合されているものです。グルコサミンとコンドロイチン以上の配合成分が主流となった今、グルコサミンサプリを選ぶ際の大きなポイントとなるでしょう。

①ケルセチンプラス(ケルセチン配糖体)

非常に高い抗酸化力をもつ植物ポリフェノール。

サントリーが野菜などに含まれるケルセチンに着目し研究を重ね、独自に開発したのがケルセチンプラス(ケルセチン配糖体)です。炎症を抑える作用と吸収力をさらにアップさせた植物由来成分であり、サントリー グルコサミン アクティブの機能性表示食品に一役買っている注目の成分です。

該当サプリ:サントリー アクティブ、サントリー ロコモア

②Ⅱ型コラーゲン

コラーゲンには様々な種類がありますが、特に軟骨に多く含まれているのがⅡ型コラーゲン。

グルコサミンやコンドロイチンと同じで加齢とともに減少する傾向にありますが、軟骨に弾力を与えクッション性を保つためには欠かせない成分です。

該当サプリ:サントリー アクティブ、サントリー ロコモア

③プロテオグリカン

非常に優れた保水力で弾力性をもたらす、軟骨の主成分。

ヒアルロン酸以上の保水力を持ち、Ⅱ型コラーゲンと共に関節のクッションには欠かせない成分であり、コンドロイチンを内包します。

該当サプリ:サントリー ロコモア

④イミダゾールペプチド

疲労を回復し、運動能力をサポートする注目の筋肉成分。

生涯泳ぎ続けると言われるマグロやカツオ、長距離を飛び続ける渡り鳥の筋肉から抽出できるパワーの源。1900年代に発見されて以降研究が続けられており、実は古い歴史を持つ筋肉成分です。

該当サプリ:サントリー ロコモア

⑤ビタミンD

欧州食品安全機関(EFSA)でも注目されているビタミンの一種。

軟骨成分や筋肉成分と共に、運動の機能をサポートする成分です。さらに、カルシウムの吸収を促す作用があるため、骨や歯の健康維持もサポートします。

該当サプリ:サントリー アクティブ、サントリー ロコモア

⑥デビルズクロー

爪のようなトゲを持つことから「悪魔の爪」と名づけられた多年草のハーブ。

抗炎症作用や鎮痛作用を持つため変形性関節症の改善効果が期待でき、デビルズクローエキスとしてグルコサミンサプリに配合されています。子宮に対する作用があるため、妊娠中の方は摂取を控えるか、産婦人科で相談が必要です。

該当サプリ:大正グルコサミン

⑦コラーゲンペプチド

コラーゲンペプチドはコラーゲンをより吸収されやすく分解したものです。

配合成分にコラーゲンと表記されているものは、このコラーゲンペプチドである場合が多いようです。また、通常のコラーゲンと構成成分や作用に大きな違いはないと言われています。

該当サプリ:大正グルコサミン

選び方のポイント②:安全性安心の国産メーカーであり、安全性が保たれていること!

その理由とは??

長期使用を考えて、安全性にこだわりを!

グルコサミンやコンドロイチンは、基本的に数ヶ月以上の長期的な摂取により改善が実感できると考えられています。

いつまでも健康的な関節を保つためにグルコサミンサプリを長く続けるには、安全性は必須と言えるでしょう。また、人気のメーカーは安心・安全にも徹底してこだわり、必ず私たちに安全性を伝えてくれるものです。

第3章で紹介されているサントリーや大正製薬は、どちらも安心・安全に定評のある国産メーカーです。海外やあまり有名ではないメーカーがすべてダメなわけではありませんが、初心者の方やご自身で判断しきれない場合は、信頼のおけるメーカーを選びましょう。

選び方のポイント③:価格・特典お得な価格設定や特典が用意されていること!

その理由とは??

コストが抑えられる=始めやすく、続けやすい!

長く続けるためには「定期購入制度(割引があること)」が重要です。それ以前に、初回○○%OFFなど「初回限定特価」のような特典があると始めやすいですよね。

グルコサミンサプリを選ぶ際には、これらようなコスト面での強みも考慮するべき大切な項目となります。

定期購入制度 = 続けやすい!

初回限定特価 = 始めやすい!

また、定期購入の場合、やめたい時にすぐにやめられるのかどうかも重要です。携帯電話のように解約に制限があったり、不要な分のサプリまで届いては困りますよね。

このように後になって困らないように、最後まで親切な制度であるかも前もってチェックしましょう。「いつでもやめられる制度」ということは気軽に始めやすいということにも繋がるので、少し敷居が低くなるのではないでしょうか。

簡単に解約できる = 気軽に始められる!

第3章グルコサミンとコンドロイチンが同時に摂れるサプリメント3選

いよいよ最終、第3章「グルコサミンとコンドロイチンが同時に摂れるサプリメント3選」となりました。

こちらでは、第1章と第2章の内容を踏まえて、3つのおすすめのグルコサミンサプリを比較しながら紹介していきます。比較するサプリメントはこちらの3点です。

  • サントリー グルコサミン アクティブ
  • サントリー ロコモア
  • 大正製薬 大正グルコサミン コンドロイチン&コラーゲン

どれも優れたグルコサミンサプリではありますが、それぞれ個性がある分、強み・弱みがあります。

細かく比較することで特徴や良い点・悪い点を確認できますので、ご自身が納得して始められるグルコサミンサプリを選ぶ力になれますと幸いです。

おさらい

グルコサミンサプリを紹介する前に、第1章と第2章のおさらいを簡単にしておきましょう。

サプリの比較は第1章・第2章の内容を踏まえて展開していきます。第3章から読み始める方は、一通り目を通しておくことをおすすめします。不要な方は飛ばして先へ進んでください。

第1章のおさらいグルコサミンとコンドロイチンの違いや特徴

グルコサミンとコンドロイチンにはそれぞれ役割や特徴があります。

  • グルコサミン:軟骨の主成分(プロテオグリカン)の原料となる
  • コンドロイチン:優れた保水力によりプロテオグリカンに水分(弾力性)を与える
  • プロテオグリカン(軟骨の主成分):コンドロイチンの豊富な水分量により、軟骨にクッション性を与える

グルコサミンとコンドロイチンには共通点もあります。

  • 抗炎症作用を持ち、関節痛(変形性関節症など)の改善をサポートする
  • 同時摂取により相乗効果が得られる
  • グルコサミンとコンドロイチンは加齢とともに減少する

第2章のおさらいグルコサミンサプリを上手に選ぶ3つのポイント

ポイント①:優れた配合成分であること

グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果に加え、さらに関節の健康をサポートする+αの成分が配合されていることが大切。

ポイント②:安全性が保たれていること

グルコサミンサプリは長期摂取が望ましいとされるため、国産メーカーであり安全性が保たれていることが大切。優良なメーカーは安全・安心の品質管理を徹底している。

ポイント③:お得な価格・特典があること

初心者の方や長期の使用を検討している方は、コストパフォーマンスに優れたものを選ぶのが得策。経済的な負担を軽くできる制度があれば、始めやすく、続けやすい。

サントリー グルコサミン アクティブ

サントリー「グルコサミン アクティブ」

こんなサプリ

グルコサミン市場トップの人気を誇る

関節痛の改善が認められた機能性表示食品

生産地まで赴き徹底した品質管理

高品質 + コスパ良しのバランス型

こんな人におすすめ

グルコサミンサプリ初心者の方

2ヶ月以上~ある程度の期間続けたい方

関節の悩み改善を第一に考えている方

注目の配合成分

グルコサミン

コンドロイチン

ケルセチンプラス

Ⅱ型コラーゲン

価格(税込)

  • 通常購入:4,860円
  • 定期購入:4,374円
  • お徳用 通常(2ヶ月分):8,424円
  • お徳用 定期(2ヶ月分):7,581円

特典

送料無料、10%増量キャンペーン!
360粒入り(約60日分)お徳用サイズもあります!

【定期お届けコース】
通常価格より10%FF、毎回送料無料!
さらに、定期お届けコース以外の商品も10%OFF!
公式サイトはこちら

グルコサミン アクティブはここが良い!

「機能性表示食品」として認められた配合成分

  • グルコサミン塩酸塩:1,200mg
  • コンドロイチン硫酸:60mg
  • ケルセチン配糖体:45mg

サントリー「グルコサミン アクティブ」の最大の魅力は、グルコサミン + コンドロイチン + ケルセチンプラスという3成分の組み合わせです。

一体この組み合わせの何が魅力的なのでしょうか?

それは、「ひざ関節の痛みなど、関節痛の改善が認められている」ということです。これが通常のサプリメントとは一味違う、「機能性表示食品」として認められているということです。

サントリーはこの3成分の組み合わせに関して、2010年に特許を取得しています(特許第4652486号)。

グルコサミンとコンドロイチンの組み合わせにはもともと相乗効果が期待できるとされ以前から注目されてきましたが、サントリーはそれに加えて、非常に高い抗酸化力をもつ植物ポリフェノール「ケルセチンプラス」に着目し独自配合しました。

このケルセチンプラスが「機能性」のキーポイントとなり、関節の痛みをはじめ歩行や階段の昇り降りなど、私たちの日常に欠かせない動作が改善されると認められているのです。

もっと詳しく!クリックして詳細表示

グルコサミン アクティブの科学的根拠とは?

グルコサミン アクティブ付属のパンフレットには、機能性が科学的根拠によるものであるとする臨床試験について記載があります。

それによると、関節痛(変形性関節症)に悩む方を対象にグルコサミンサプリを用いて16週間の臨床試験を行い、その結果、摂取後4週目で微量な変化が見られ、8週目以降では4週目と比べて大幅な改善が見られます。

それ以降も、16週目まで改善の判定は伸び続けたことが報告されています。この結果は「JOAスコア」と呼ばれる、医師による関節痛(変形性関節症)の改善成績の判定・評価を用いて導き出されたものです。

機能性表示食品とは?

保健機能食品制度の一つであり、事業者の責任により科学的な根拠に基づいた上で機能性を表示した食品(サプリメント)。安全性や機能性に関する情報を消費者庁長官に届け出た上で販売されています。

その他の保健機能食品制度である「特定保健用食品(トクホ)」や「栄養機能食品」とは基準や表示目的などの面で違いがあります。

生産地まで赴き徹底した品質管理

グルコサミン アクティブは唯一無二の「サントリー品質」のため、厳しいチェック体制の元で展開されているグルコサミンサプリメントです。

使われる原料は担当職員が生産地まで赴き安全性をチェック。全ての原料や成分に設けられている100項目以上の規格をクリアしたもののみを使用するという徹底ぶりです。

製造過程においても、徹底した安全・品質管理がなされています。味やにおいをはじめ、錠剤の色や食感まで様々な角度からチェックを行い、改善点があれば速やかに実施されているようです。

付属のパンフレットには、原料の安全性や品質管理を実際に行っている職員の方の名前や写真まで公開されています。「サントリー品質」のための企業努力、徹底した安全性へのこだわりの証と言えるでしょう。

高品質 + コスパ良しのバランス型

定期コースで毎回10%OFF!
お徳用で、さらにコストダウン!

グルコサミン アクティブは、定期コースの申し込みで毎回10%OFFの4,374円+送料無料で利用することができます。平均的な割引率ですが送料も免除されるため、通常購入より断然お得に続けることができます。

しかし、グルコサミン アクティブにはさらにお得な購入方法があります

それは、360粒入りのお徳用(約60日分)と定期コースの組み合わせです。お徳用は1本で2ヶ月間飲み続けることができるため、定期コースの割引と併せて1ヶ月分の費用は3,790円+送料無料にまで抑えることができます。

本来の価格より1000円以上も安くなりますし、それ以上にグルコサミン アクティブの高い品質を考慮すると、かなりお得な購入方法と言えます。

他の商品も10%OFF

定期コースを利用すると、サントリーの他の商品も10%OFFで購入できるという特典もあります。

例えば、今回「グルコサミン アクティブを定期コースで購入」すると・・・サントリーのセサミンやDHAサプリなどもいつでも10%割引されるというものです(単品購入でもOK)。一部対象外となる商品もあるようですが、グルコサミン以外にも気になるサプリメントなどがある方にはうれしい特典ですね。

配達日の指定・変更、一時お休み制度

サントリーの定期コースは、配達日を指定・変更することができます。

「毎日規則正しく飲むから30日ごとに届けてほしい」「毎月○○日に届けてほしい」など、ご自身の都合やライフスタイルに合わせて自由に調整できるため使い勝手が非常に良いです。

また、一時お休み制度によりさらに自由度は広がります。

「飲むペースを変えたから今月はお休み」「長期で不在にするから今月はいらない」など、解約はしたくないけど配達が不要な場合も柔軟に対応してくれるので安心ですね。サントリーの定期コースは、長く続けたい方の都合を最大限尊重した自由度の高い特典・サポートと言えます。

定期お届けコースの解約に制限なし

もし「このサプリは自分には合わない…」と思ったら1ヶ月で解約することもできます

その場合でも違約金などはなく、購入価格は定期コースの割引がそのまま適応されるので安心してください。解約手続きもホームページから簡単に行えるので、電話でのやり取りなど煩わしさは一切ありません。

また、「1ヶ月だけ試してみたい!」という使い方も可能なので、定期お届けコースは全ての方にとってメリットしかない特典であると言えます。

サントリー グルコサミン アクティブ バナー

サントリー ロコモア

サントリー「ロコモア」

こんなサプリ

グルコサミン + コンドロイチン + ケルセチンプラスの組み合わせ

上記の成分に注目の軟骨成分プロテオグリカンと筋肉成分イミダゾールペプチドを配合

生産地まで赴き徹底した品質管理

コスパよりも、高品質・優良な成分を重視

こんな人におすすめ

とにかく配合成分・品質にこだわりたい方

趣味やスポーツで関節をよく使う方

2ヶ月以上~ある程度の期間続けたい方

注目の配合成分

グルコサミン

コンドロイチン

ケルセチンプラス

プロテオグリカン

イミダゾールペプチド

Ⅱ型コラーゲン

ビタミンD

価格(税込)

  • 通常購入:5,940円
  • 定期購入:5,346円
  • お徳用 通常(2ヶ月分):10,692円
  • お徳用 定期(2ヶ月分):9,622円

特典

さらにお得な、360粒入り(約60日分)お徳用サイズもあります!

【定期お届けコース】
通常価格より10%FF、毎回送料無料!
さらに、定期お届けコース以外の商品も10%OFF!
公式サイトはこちら

サントリー ロコモアはここが良い!

筋肉成分と軟骨成分を加えた優秀な配合成分

  • グルコサミン:1,200mg
  • サメ軟骨抽出粉末(コンドロイチン・Ⅱ型コラーゲン含有) :300mg
  • ケルセチン配糖体:90mg
  • プロテオグリカン:1000μg
  • イミダゾールペプチド:10mg
  • ビタミンD:5μg

サントリー「ロコモア」最大の魅力は、グルコサミン + コンドロイチン + ケルセチンプラスの組み合わせに、筋肉成分イミダゾールペプチドと軟膏成分プロテオグリカンが配合されている点です。

イミダゾールペプチドは、生涯泳ぎ続けると言われるマグロやカツオ、長距離を飛び続ける渡り鳥などのパワフルな筋肉を支えています。疲労の回復や抗酸化作用が期待されており、私たちの運動能力や日常生活での動作や歩みをサポートする注目の筋肉成分です。

プロテオグリカンに関してはご存知の方もいるかと思いますが、軟骨の主成分となる物質です。豊富な水分量を持ち、軟骨に弾力性をもたらす効果があります。Ⅱ型コラーゲンと共に関節のクッションには欠かせない存在であり、私たちのスムーズな動きを支えています。

これらの成分と併せて、グルコサミン + コンドロイチン + ケルセチンプラスという関節の悩みを改善する力をもった成分を同時に摂取することで、相乗効果が大いに期待できるのです。

グルコサミン + コンドロイチン + ケルセチンプラスの組み合わせは、機能性(関節痛の改善)が認められている構成成分です(※サントリー「グルコサミン アクティブ」参照)

ロコモアにはこれらの成分がまるまる含まれている上、さらにイミダゾールペプチドとプロテオグリカンまで配合されているため、非常に高品質な配合成分を持つグルコサミンサプリに仕上がっています。コンドロイチンやケルセチンプラスに関しては、グルコサミン アクティブよりも配合量が多い点も評価できるポイントですね。

残念ながらロコモア自体は機能性表示食品の認可を受けてはいませんが、内容を見る限り「グルコサミン アクティブにイミダゾールペプチドとプロテオグリカンが加わったサプリ」という認識で問題ないでしょう。グルコサミン アクティブと同等以上の品質を誇る、パワフルなグルコサミンサプリメントです。

生産地まで赴き徹底した品質管理

サントリー「ロコモア」は、「グルコサミン アクティブ」と同様の品質管理のもと安全性が保たれています。同じサントリーのサプリメントであるため、生産地に赴いての視察・品質チェックから100項目以上の厳しい規格による管理まで同様に行われます。

製造過程でも味やにおい、錠剤の色や食感まで様々な角度からのチェックが徹底して行われ、改善できる点は速やかに対応されることで、一貫して「サントリー品質」が保たれています。

コスパよりも、高品質・優良な成分を重視

定期コースで毎回10%OFF!
お徳用で、さらにコストダウン!

ロコモアの特典・定期コースに関しても、同じくサントリーの「グルコサミン アクティブ」と同様のものとなります。

ロコモアは、定期コースの申し込みで毎回10%OFFの5,346円+送料無料で利用することができます。割引率は平均的で送料も無料ですが、もともとの価格が比較的高いためコストの面では他のサプリに劣ります。

グルコサミン アクティブと同様に、ロコモアに関しても360粒入りのお徳用(約60日分)と定期コースの組み合わせが、最もお得に購入する方法となります。

お徳用は1本で2ヶ月間飲み続けることができるため、定期コースの割引と併せて1ヶ月分の費用は4,811円まで抑えることができ、本来の価格より1000円以上お得に購入できます。

サントリー「ロコモア」は配合成分が非常に高品質であるため、その分価格の方も比較的高価となっています。ご購入の際は、お徳用と定期コースの組み合わせでなるべくコストを抑えることをおすすめします。

他の商品も10%OFF

定期コースを利用すると、サントリーの他の商品も10%OFFで購入できるという特典もあります。

例えば、今回「ロコモアを定期コースで購入」すると・・・サントリーのセサミンやDHAサプリなどもいつでも10%割引されるというものです(単品購入でもOK)。一部対象外となる商品もあるようですが、グルコサミン以外にも気になるサプリメントなどがある方にはうれしい特典ですね。

配達日の指定・変更、一時お休み制度

サントリーの定期コースは、配達日を指定・変更することができます。

「毎日規則正しく飲むから30日ごとに届けてほしい」「毎月○○日に届けてほしい」など、ご自身の都合やライフスタイルに合わせて自由に調整できるため使い勝手が非常に良いです。

また、一時お休み制度によりさらに自由度は広がります。

「飲むペースを変えたから今月はお休み」「長期で不在にするから今月はいらない」など、解約はしたくないけど配達が不要な場合も柔軟に対応してくれるので安心ですね。サントリーの定期コースは、長く続けたい方の都合を最大限尊重した自由度の高い特典・サポートと言えます。

定期お届けコースの解約に制限なし

もし「このサプリは自分には合わない…」と思ったら1ヶ月で解約することもできます

その場合でも違約金などはなく、購入価格は定期コースの割引がそのまま適応されるので安心してください。

また、「1ヶ月だけ試してみたい!」という使い方も可能なので、定期お届けコースは全ての方にとってメリットしかない特典であると言えます。

サントリー ロコモア バナー

大正製薬 大正グルコサミン コンドロイチン&コラーゲン

大正製薬「大正グルコサミン コンドロイチン&コラーゲン」

こんなサプリ

グルコサミンとコンドロイチンを高配合

高純度98%のグルコサミン使用

初回限定で圧倒的なコストパフォーマンス

こんな人におすすめ

まずは1ヶ月試してみたい方、初心者の方

グルコサミンとコンドロイチンを多く摂取したい方

とにかくコストを抑えたい方

注目の配合成分

グルコサミン

コンドロイチン

デビルズクローエキス

コラーゲンペプチド

価格(税込)

  • 通常購入:5,400円
  • 定期購入:4,860円
  • 定期購入 初回のみ:1,080円

特典

【定期お届けコース】
初回限定80%OFF!2回目以降も毎回10%OFF、送料無料!
定期お届けコース以外の商品も10%OFF!
公式サイトはこちら

大正グルコサミンはここが良い!

グルコサミンとコンドロイチンを高配合

  • グルコサミン:1500mg
  • コンドロイチン含有サメ軟骨抽出物:440mg
  • デビルズクロー抽出物:150~200mg
  • コラーゲンペプチド:50mg

大正製薬の「大正グルコサミン コンドロイチン&コラーゲン」は、グルコサミン1500mg、コンドロイチン440mgと多く配合されており、グルコサミンサプリ3選の中では最も多い含有量を誇ります。

グルコサミンに関しては1日分の摂取目安がほぼ補えるため、文句なしの含有量ですね。また、純度98%以上の高品質なグルコサミンが使われているため、吸収性と安全性に優れたグルコサミンサプリです。その他にも+αの成分として、「デビルズクロー」と「コラーゲンペプチド」が配合されています。

「デビルズクロー」はその名の通り、爪のようなトゲを持つ多年草のハーブです。抗炎症作用や鎮痛作用を持つため、グルコサミンやコンドロイチンと併せて変形性関節症など関節痛の改善が期待されています。妊娠中の方は摂取を控えるべきとの意見もあるので、心配な方は医師と相談の上で検討しましょう。

「コラーゲンペプチド」はコラーゲンをより吸収しやすいように分解したものですが、一般的にサプリメントなどに配合されているコラーゲンは、このコラーゲンペプチドである場合が多いそうです。コラーゲンと聞くと化粧品や美容のイメージを持つ方も多いと思います。しかし、コラーゲンは私たちの体内のあらゆる部分に存在しており、軟骨にも含まれている成分なのです。

コラーゲンは軟骨の中で、主成分であるプロテオグリカンと共に弾力やクッション性の役割を果たすことで私たちのスムーズな動きを支えています。

高純度98%のグルコサミン使用

大正製薬は「製薬会社品質のグルコサミン」を信条とした、安全性の高いグルコサミンサプリを製造・開発しています。

長期に渡り摂取する方も安心して続けられるように、少しでも不純物を取り除くために研究・実験を重ね、限りなく高純度なグルコサミンの提供に努めています。

精製したグルコサミンを再度溶解し、ろ過を繰り返すことで、純度98%以上の高純度グルコサミンを配合している大正製薬のグルコサミンサプリ。可能な限りにおいが抑えられた、真っ白な錠剤がそれを証明しているのです。

初回限定で圧倒的なコストパフォーマンス

定期コース初回は、驚異の80%OFF

大正グルコサミンの定期コースは、送料無料+初回限定で80%OFFという圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。

1回目が1,080円(税込み)で購入することができるので、初心者の方には最も始めやすいグルコサミンサプリと言えるでしょう。

2回目以降も毎回10%割引されるので、配合成分や品質にこだわるよりもまずは費用を抑えて気軽に始めたいという方には特におすすめです。

他の商品も10%OFF

定期コースの利用で、大正製薬の他の商品も10%OFFで購入できるという特典もあります。こちらはサントリーの定期コースとよく似た制度ですね。

例えば、今回「大正グルコサミン コンドロイチン&コラーゲンを定期コースで購入」すると、大正製薬のDHA・EPAサプリや青汁なども10%割引されるというものです(単品購入でもOK)。一部対象外となる商品もあるようですが、グルコサミン以外にも気になるサプリメントや健康食品がある方にはうれしい特典ですね。

いつでもお休みできる(1回のみ)

「飲み忘れなどで余ってしまった」「長期の旅行に出かける」などでお届けを調整したい時は、1回のみいつでも休止することができます。サプリメントは長く続けていると、体調の変化や飲み忘れなどで徐々にペースが変わってしまうこともよくあります。そんなときは、このようなお休み制度があると非常に便利ですね。

ただし、2回以上お休みしてしまうと10%OFFの割引が適応されなくなってしまうので注意が必要です。

解約に制限なし

大正グルコサミンの定期コースは、解約に関して一切制限がありません。電話のみの対応となりますがしつこく引き止められることもなく、手続きはほんの数分で終わるようです。

初回のみで解約することも可能なので、「とにかくコストを抑えた上でグルコサミンサプリを試してみたい」という方には嬉しい制度ですね。

大正製薬 大正グルコサミン バナー

まとめて比較!グルコサミンサプリ3選 比較表

最後に、ここまででご紹介したおすすめのグルコサミンサプリを一覧表にまとめて比較してみましょう。

配合成分や特徴、価格などを比較することで、それぞれのメリットやデメリットが見えてくると思います。ぜひ、ご自身に最適なグルコサミンサプリを選べるよう役立たせてください。

商品名 配合成分 安全性 特徴 こんな人におすすめ 価格(税込み)/ 1ヶ月分 最安値 公式サイト
サントリーグルコサミン
アクティブ
グルコサミン 1200mg
コンドロイチン 60mg
ケルセチンプラス 45mg
安全性 とても良い 市場人気No1の機能性表示食品
徹底した品質管理
品質とコスパのバランスが最も良い
初心者の方
・2ヶ月以上続けたい方
関節痛改善を第一に考えている方
通常価格
4,860円
定期コース
4,374円
お徳用+定期コース
7,581円 / 2ヶ月分
(1ヶ月3,790円)
グルコサミン アクティブ
公式サイトはこちら
サントリーロコモア グルコサミン 1200mg
コンドロイチン 300mg
ケルセチンプラス 90mg
プロテオグリカン 1000μg
イミダゾールペプチド 10mg
安全性 とても良い 軟骨成分プロテオグリカン配合
筋肉成分イミダゾールペプチド配合
徹底した品質管理
高品質・優良な成分を重視
最高品質にこだわりたい方
・趣味やスポーツなどで関節をよく使う方
・2ヶ月以上続けたい方
通常価格
5,940円
定期コース
5,346円
お徳用+定期コース
9,622円 / 2ヶ月分
(1ヶ月4,811円)
ロコモア
公式サイトはこちら
大正製薬大正グルコサミン グルコサミン 1500mg
コンドロイチン 440mg
デビルズクロー 150~200mg
コラーゲンペプチド 50mg
安全性 良い グルコサミンとコンドロイチンを高配合
高純度98%のグルコサミン使用
初回限定で圧倒的なコスパ
初心者の方
・まずは1ヶ月試してみたい方
・とにかくコストを抑えたい
通常価格
5,400円
定期コース
4,860円
定期 初回のみ
1,080円
大正グルコサミン
公式サイトはこちら