グルコサミンとヒアルロン酸の違い

グルコサミンとヒアルロン酸、どちらも関節の動きをよりスムーズにする成分ですが、ヒアルロン酸の生成はグルコサミンのサポートにより行われます。

CLEAR

グルコサミンとヒアルロン酸の違いは?

グルコサミンとヒアルロン酸は、関節の健康を守るためには欠かせない成分で、サプリなどでも、グルコサミンとヒアルロン酸が両方配合されているものも多くあります。どちらも水分をキープする効果があり、関節痛を緩和することでも知られていますが、この2つの成分はどこに違いがあるのでしょうか?

ここでは、グルコサミンとヒアルロン酸の違いと、それぞれの効果についてご紹介します。

グルコサミンがヒアルロン酸の生成をサポート

グルコサミンはアミノ糖の一種であり、軟骨を構成するプロテオグリカンを作り出します。また、軟骨の再生や修復をすることでも知られています。一方、ヒアルロン酸はムコ多糖類のひとつ。軟骨や軟骨の周りの関節液に水分を与え、クッション性を高める働きがあり、プロテオグリカンに含まれる成分です。

ヒアルロン酸は軟骨そのものを構成する成分のひとつであり、グルコサミンはヒアルロン酸やコンドロイチンを生成し、軟骨の再生に関わる成分。

つまり、グルコサミンによって生み出されたヒアルロン酸が軟骨を構成して水分を与え、動きをなめらかにしているのです。

グルコサミンが不足するとヒアルロン酸も不足する

ヒアルロン酸は、コンドロイチンと同じくムコ多糖であるプロテオグリカンの中に含まれています。グルコサミンはコンドロイチンやヒアルロン酸を作り出すことで、軟骨を再生しているのです。

そのため、グルコサミンが不足するとヒアルロン酸も不足し、肌や軟骨のうるおいがなくなってしまいます。グルコサミンによって軟骨の再生がされても、ヒアルロン酸が働かなければ、水分の少ないスカスカなクッション性の乏しい軟骨になってしまうのです。

グルコサミンとヒアルロン酸は、どちらも加齢によって体の中で生成される量が少なくなっていく成分ですので、積極的に補うことがすすめられています。

関節の健康にはグルコサミンとヒアルロン酸

グルコサミンとヒアルロン酸は、どちらも関節の健康には欠かせない成分です。グルコサミンがヒアルロン酸の生成をサポートし、プロテオグリカンというヒアルロン酸を含む軟骨成分を作り出します。

そこでグルコサミンを補うことでヒアルロン酸の量も増え、軟骨の再生と修復がサポートされるとともに、水分をしっかりと含んだクッション性の高い丈夫な軟骨を作ることが出来ます。

グルコサミン、ヒアルロン酸は共に、加齢によって次第に失われてしまいます。そのため軟骨の健康を守り、関節の動きを滑らかにキープするためには、グルコサミンとヒアルロン酸の両方を摂取することが必要だと考えられています。