グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果

グルコサミンで軟骨補修、コンドロイチンでクッション性アップ。2つの成分が関節のスムーズな働きを相乗効果的にサポートしてくれます。

CLEAR

グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果とは?

グルコサミンとコンドロイチンは、それぞれ軟骨に対してよりスムーズな動きをサポートする働きがあるとされています。最近では、グルコサミンを単体で摂取するよりも、コンドロイチンを合わせて摂取する事で、相乗効果によってさらによい働きかけが期待できるとされ、サプリなどでもグルコサミンとコンドロイチンの両方を配合したものが多く出なってきました。

では、グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果とは、どのようなものなのでしょうか?

グルコサミンとコンドロイチンの効果の違いと影響

グルコサミンは、軟骨を構成するプロテオグリカンという成分を作るもの。このプロテオグリカンの中にはコンドロイチンやヒアルロン酸などが含まれています。プロテオグリカンの中のコンドロイチンは、軟骨の水分を保持してクッション性を高める役割があるほか、軟骨に栄養を運んだり酵素を調節したりして、軟骨を支えています。

グルコサミンが軟骨を再生する時にコンドロイチンがそれをサポートしたり、コンドロイチンが不足した時にはグルコサミンがコンドロイチンを生成したりすることで、グルコサミンとコンドロイチンはお互いにサポートし合っていると考えられています。

グルコサミンとコンドロイチンを同時に摂取すると、どうなる?

グルコサミンは軟骨の再生や修復をするのと同時に、コンドロイチンも生成していますが、コンドロイチンの生成には時間がかかります。コンドロイチンが十分に補われないままに再生・修復された軟骨は、再び傷つきやすく、弱いものとなってしまいます。

グルコサミンとコンドロイチンを同時に摂取することは、グルコサミンのコンドロイチン生成をサポートすることにつながります。そのため、グルコサミンによって軟骨の再生・修復がされた時に、すぐに体内でコンドロイチンが働き始め、グルコサミンが再生した軟骨をより強くすることができるのです。

グルコサミンとコンドロイチンには相乗効果が期待できます!

グルコサミンとコンドロイチンは、それぞれの働きをサポートし、より良い形での相乗効果が期待出来るとされています。グルコサミンが軟骨の再生と修復をする一方で、コンドロイチンは軟骨に水分と栄養を与えて、より強い軟骨精製をサポートしてくれます。

しかし、グルコサミンは軟骨の再生と修復と同時にコンドロイチンを生成するため、その両方を行った場合体内ではコンドロイチンが不足気味となり、軟骨が再生されても十分に機能を果たすことが難しくなってしまう場合があるのです。

そのため、グルコサミンと合わせてコンドロイチンも同時に摂取することで、体内のコンドロイチンが不足するのを防ぎ、グルコサミンの軟骨再生機能をサポートすることができるのです。

この事からサプリなどを選ぶ時は、グルコサミンとコンドロイチンが両方配合されているものを選ぶのがオススメです。