グルコサミンとコラーゲンの違い

コラーゲンの生成にはコンドロイチンが、コンドロイチンの生成にはグルコサミンが関わっているなど、体内では関節に良い成分が連鎖的な生成されます。

CLEAR

グルコサミンとコラーゲンの違いは?

グルコサミンサプリの中には、コラーゲンが配合されているものもあります。グルコサミンとコラーゲンは、それぞれ関節や軟骨をサポートし、関節痛を緩和する効果があるとされています。しかし、この2つは物質としても違うほか、軟骨に対する働きかけ方にも違いがあります。

グルコサミンとコラーゲン、それぞれの成分について、効果や働きの違いについてまとめました。

グルコサミンとコラーゲン、それぞれの効果

グルコサミンは、軟骨のもととなるプロテオグリカンという、コンドロイチンやヒアルロン酸が含まれる成分を作り出し、また軟骨の再生と修復をサポートする効果があります。

それに対してコラーゲンは、軟骨を構成し、弾力を与える役割を果たします。また、コンドロイチンやヒアルロン酸と共に、軟骨の水分を保持する効果もあるため、グルコサミンの働きをサポートしていると考えられます。

また、コラーゲンには細胞間の結びつきを強める効果もあるため、軟骨細胞に栄養を与えて強化し、軟骨の弾力性を高めて衝撃から関節を守る働きもあります。

グルコサミンがコラーゲンの生成をサポート

グルコサミンは、軟骨のプロテオグリカンに含まれるヒアルロン酸やコンドロイチンを生成しています。そのコンドロイチンには、コラーゲンの生成をサポートする役割があります。つまり、グルコサミンが体内でコンドロイチンを作り出し、コンドロイチンがコラーゲンの生成を促して軟骨を元気にしているのです。

そのため、毎日の動きをサポートするためにはグルコサミンを補うことがとても重要となってきます。しかし、グルコサミンはコンドロイチンの生成とともに軟骨の再生や修復も同時に行う必要があるため、生成されるコラーゲンの他にもサプリなどで補い体内に取り入れることで、グルコサミンの働きを助け、より強く健康的な軟骨をサポートします。

グルコサミンとコラーゲンは、軟骨の健康に欠かせない成分

グルコサミンとコラーゲンには、それぞれ軟骨の健康を守り、関節をスムーズに動かすという効果があります。

グルコサミンはコラーゲンを作り出すコンドロイチンを生成すると共に、軟骨を再生・修復する働きがあり、一方コラーゲンは軟骨に水分をキープしながら、軟骨細胞を強く結びつけ、軟骨の弾力性を高める効果があります。そして、軟骨細胞に栄養を与えることで新陳代謝を高め、軟骨をフレッシュに保ちます。

このように、グルコサミンとコラーゲンは役割は違いますが、どちらも軟骨のはたらきを高め、動きをスムーズにしてくれる成分なのです。