コンドロイチンとは?

グルコサミンと共に良く耳にするコンドロイチンも実はグルコサミンから作られており、軟骨に水分を補給しクッション性を保持する重要な役割を持っています。

CLEAR

ハツラツとした毎日のために、欠かせないコンドロイチン

コンドロイチンについて解説する医師

グルコサミンと同様に、関節や軟骨に良いとして知られているのがコンドロイチン。コンドロイチンとは、軟骨を構成する成分のひとつで、グルコサミンから生成されています。コンドロイチンは関節の軟骨だけでなく、さまざまな臓器に存在しています。

では、コンドロイチンとは一体どんなものなのでしょうか。ここでは、コンドロイチンについてくわしくお伝えします。

コンドロイチンの特徴

コンドロイチンとはムコ多糖類の一種で、皮膚や粘膜など体内のさまざまなところに存在している成分です。特によく知られているのは軟骨にあるコンドロイチン。グルコサミンから作られ、軟骨を構成するプロテオグリカンの中に含まれています。その割合は軟骨の乾燥重量のうち、コンドロイチンが約30%を占めると言われています。

コンドロイチンは、グルコサミンと並んで軟骨に良いとされていますが、グルコサミン同様、加齢とともに体内で生成される量が少なくなり、それが進行すると軟骨がすり減ってしまう原因となります。

そのためグルコサミン同用、スムーズな動きをサポートするコンドロイチンを補うことがすすめられているのです。

軟骨の水分と弾力性を保つコンドロイチン

コンドロイチンは、軟骨に水分を運ぶ役割があり、その軟骨は水分を保持することで弾力性を高めています。また、軟骨には血管が通っていないため、血液によって栄養が補われることはありません。その血液に変わって、コンドロイチンが軟骨に栄養素を含む水分を運んだり、老廃物を排出したりする役割を担っています。

つまり、コンドロイチンは、軟骨に水分を与えて弾力性を維持するために欠かせない成分なのです。

コンドロイチンは、サメの軟骨やうなぎ、すっぽんに含まれていることで有名ですが、ほかにも山芋やオクラ、めかぶなどのネバネバした食品に多く含まれています。

ハツラツした毎日に欠かせないコンドロイチン

コンドロイチンは、軟骨を構成するプロテオグリカンの中にある成分で、グルコサミンが元となって作られています。コンドロイチンは軟骨だけではなく、皮膚や粘膜、臓器など、体内のあらゆるところに存在し、若々しさをキープしてくれるはたらきがありますが、年齢を重ねると共に減少していくため、意識をして積極的に補うことがすすめられています。

コンドロイチンは軟骨に水分を運び、栄養を与えたり、老廃物を排出するはたらきがあるため、軟骨の弾力性を保つためには欠かせません。

食品では、ネバネバした食材やサメの軟骨であるフカヒレ、うなぎ、すっぽんなどに多く含まれますが、毎日摂取し続けるのが難しいことや、グルコサミンと一緒に摂取することで相乗効果が期待できることなどから、サプリを利用してコンドロイチンを取り入れるのがオススメです。