コラーゲンとは?

コラーゲン、良く耳にする成分ではありますが、体にあるタンパク質中の約30%を占め、軟骨においてはその50%がII型コラーゲンで構成されています。

CLEAR

コラーゲンとは?

コラーゲンも、ヒアルロン酸と並んで美肌成分として有名です。化粧品などで「コラーゲン配合」と書かれていると、肌に良さそうな印象がありますね。

コラーゲンは、人間の体の中でさまざまな組織に存在するタンパク質です。細胞と細胞を結びつけたり、増殖を助け、機能を維持するために重要な役割を果たしています。ここでは、コラーゲンの特徴と働きについて、詳しく見ていきましょう。

コラーゲンの特徴

コラーゲンは皮膚や靱帯、骨、軟骨などを構成するタンパク質の一種。人間の体を構成しているタンパク質のうち、約30%をコラーゲンが占めています。人間の体の中では、常にコラーゲンの分解と生成が繰り返されています。しかし、年齢が上がるにつれて新陳代謝がゆっくりになることで、コラーゲンは次第に少なくなっていき、また質も低下してしまいます。

コラーゲンは、細胞と細胞の間に存在し、細胞間の結合を助けたり、増殖をサポートして、組織を支える働きがあります。特に、腱や骨、軟骨などはコラーゲンの繊維が隙間なく密集して並んでいるため、弾力性が高く、衝撃に耐えることができるのです。

軟骨に含まれるⅡ型コラーゲン

一口にコラーゲンといっても、実はいろいろな種類があり、人間の体内にもコラーゲンは約30種類あるといわれています。その中で軟骨に含まれているのはⅡ型コラーゲンと呼ばれるもの。Ⅱ型コラーゲンは軟骨の50%を占め、軟骨組織を支える骨組みのような役割を持っています。そのため、加齢によってコラーゲンが減少すると、軟骨の弾力性が低下し、クッションとしての役割が弱まってしまうため、関節に痛みや炎症が生じてしまうのです。

コラーゲンを補うことは、軟骨の新陳代謝を活発にする効果があり、関節痛の緩和や動きをサポートすることにもつながります。

コラーゲンで軟骨のクッション性を高め、動きやすい毎日に!

肌にハリや弾力を与えることでよく知られているコラーゲン。コラーゲンは人間の体の中にあるタンパク質のうち、約30%を占めるもので、細胞の結合や増殖をサポートして、さまざまな組織を支えるために役立っています。

コラーゲンには多くの種類がありますが、軟骨に含まれるⅡ型コラーゲンは、軟骨の弾力性を高め、関節を衝撃から守る役割を果たしています。コラーゲンは軟骨の約半分を占めているため、コラーゲンが失われると軟骨はすり減りやすくなり、関節に痛みを生じる原因となってしまいます。

コラーゲンの生成能力は年齢とともに低下してしまい、体内のコラーゲンも次第に減少してしまいます。軟骨の健康と、肌や髪の若々しさを保つためにも、コラーゲンを積極的に補いましょう。