ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は1gで6リットルもの水分を保持すると言われるほど、高い水分保持力があり、間接内においてもクッション性を高める大切な役割をしています。

CLEAR

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸といえば、化粧品に保湿成分としてよく配合されているもの。女性にとってはおなじみの成分ですね。

ヒアルロン酸は、肌によいだけではなく、体内のさまざまなところで水分を保持したり、細胞を修復したりしています。もちろん、関節の軟骨の中にもヒアルロン酸が含まれています。ヒアルロン酸は、グルコサミンとコンドロイチンとともに、軟骨のはたらきをサポートする大切な成分なのです。

ヒアルロン酸の特徴

ヒアルロン酸は、グリコサミノグリカンというムコ多糖類の一種で、粘り気が非常に強く、弾性があります。ヒアルロン酸1gで、6リットルもの水を保持するほど、高い水分保持能力があることで知られています。

ヒアルロン酸は人の体内のさまざま部分に存在し、大きな役割を担っています。たとえば、よく知られているのが肌の水分を保持してハリや弾力を与え、みずみずしく保つ機能。ヒアルロン酸が多く含まれる皮膚は、水分を多く含んでふっくらとしています。

また、関節液や軟骨の中で潤滑油やクッションのような働きをしたり、目の硝子体と呼ばれるゼリー状の部分にも多く含まれ、眼球を丸く保ったりしています。

水分保持に欠かせないヒアルロン酸

もともと人間の体の中にも存在し、合成もされているヒアルロン酸ですが、年齢と共にその量は減少し、また合成能力も衰えていきます。

ヒアルロン酸が体内に一番多く存在するのは、赤ちゃんの頃。赤ちゃんの肌がプルプルとみずみずしいのは、ヒアルロン酸を豊富に含んでいるためなのです。

しかし、30代になるとヒアルロン酸は急激に減少し始め、40代になると赤ちゃんの頃の半分となってしまうのです。そのため、体のさまざまなところでヒアルロン酸が不足し、肌や髪が乾燥しがちになったり、関節が痛んだりといった影響が出始めるのです。

肌や関節を若々しく保つためには、ヒアルロン酸を補うことが大切です。

若々しさの源、ヒアルロン酸を積極的に摂取しましょう

ヒアルロン酸は、高い水分保持能力が特徴であり、化粧品などに保湿成分として含まれることが多い成分です。人間の体の中のあらゆるところに存在してうるおいを守ったり、クッションのような役割をしたりしています。軟骨の中にもヒアルロン酸が含まれ、水分を保持して弾力性を高めています。

しかし、ヒアルロン酸は年齢とともに次第に減少し、40代になると生まれた時の半分程度の量となってしまいます。年齢を重ねると、髪や肌の乾燥に悩まされるようになったり、関節が動かしにくくなったり痛みが生じたりするのはそのため。

ヒアルロン酸は、若々しさをキープして動きをスムーズにするためにとても大切な役割を担っています。グルコサミンやコンドロイチンとともに、ヒアルロン酸も積極的に摂取し、毎日にうるおいを与えましょう。