足の関節痛を予防・改善する方法

ここでは、足首・足の指の関節痛を引き起こす原因となる病気をあげ、その予防法や改善方法なども合わせてお伝えしましょう。

CLEAR

気になる足首や足の指の痛みの原因と予防法

男女の足

怪我をした覚えは特にないのに、足首が痛い。あるいは、ぶつけたわけでもないのに足の指が痛い、という経験をしたことはありませんか? 足首や足の指の関節にも、病気などのさまざまな原因で関節痛が起こってくることは珍しくありません。

足首や足の指に痛みを引き起こ原因には、どのようなものがあるのでしょうか? ここでは、足首と足の指の関節痛があらわれる原因となる病気や症状、痛みの予防・改善方法について詳しくお伝えしていきましょう。

足首・足の指に起こる関節痛の原因は何?

足の関節痛に悩む女性

足首、または足の指に痛みが発生すると、まず思い当たるのは捻挫などのケガですよね。しかし、関節痛の原因には、ケガなどの他にも次のようなものがあげられます。

変形性足関節症

軟骨がすり減って起こる変形性関節症は、足首にも起こります。変形性足関節症は、加齢による軟骨のすり減りが原因であるほか、捻挫や靭帯損傷、骨折といった怪我や、あるいは化膿性関節炎、関節リウマチなどの病気によって起こります。また、体重が足の内側にかかりやすいO脚の方も、軟骨が傷つきやすく、変形性足関節症を発症しやすいと言われています。歩き始める時や、長時間の立ち仕事の後に痛みがあり、進行すると歩行や正座が困難になります。

痛風

足の親指に突然激痛が起こる病気といえば、痛風です。食べ過ぎや飲み過ぎ、ストレス、激しい運動などが原因で体の中に尿酸が増え、その結晶が関節にたまると、強い痛みを伴う痛風発作があらわます。痛みは足の親指にとどまらず、かかとやくるぶしなどに発生することもあります。

偽痛風

偽痛風とは、尿酸ではなく、ピロリン酸カルシウムの結晶が関節にたまることで起こります。軟骨石灰化症とも呼ばれ、痛みは痛風よりも弱いものの、発熱を伴うこともあります。原因はまだわかっていませんが、加齢によって軟骨が損傷した部分に結晶がたまるため、膝関節や足首の関節に痛みが出ることが多いようです。

足底筋膜炎

足の裏の筋肉が炎症を起こし、痛みを生じるのが足底筋膜炎です。かかとや土踏まずの部分が痛むことが多く、マラソンやジョギングなどをしている方のほかにも、長時間立ち仕事をする方、ハイヒールを履く方などに多いと言われています。

足関節滑液包炎

足首の関節にある「滑液包」という部分が炎症を起こし、滑液の分泌が多くなると痛みが出るのが、足関節滑液包炎です。滑液包は足首の動きを滑らかにするためにあるものですが、正座や足首の圧迫、摩擦などで負担がかかりすぎると炎症を起こし、滑液がたまってこぶのように腫れ、痛みを引き起こします。

腱鞘炎

足首にも腱鞘炎が起こることがあります。足首の腱鞘炎は、運動などで関節を使いすぎることによって起こりますが、ほかにも、靴による圧迫が原因であることも多いようです。締め付けが強い靴や、足に合わない靴を長時間履き続けることによって発生することがあります。

足首の痛みをやわらげるためにできること

ジョギング中の休憩

腰や股関節、膝などと違って、足首や足の指の痛みはどのように予防や改善していけばいいか悩ましいものですね。ここで関節痛の悩みに有効だと考えられる方法をご紹介しますので、しっかりと対策を覚えて、今後の生活にいかしていきましょう。

足首にかかる負担を軽減する

足首の痛みを予防・改善するためには、まず足首に負担をかける動作を減らすことが大切です。特に、正座などの負担の大きな姿勢はなるべく避けましょう。また、足首、足の指、くるぶしなどの摩擦や圧迫を避けるため、自分の足に合った靴を選ぶことも大切。そして、長時間の歩行や、運動のし過ぎには十分注意しましょう。

スポーツの前には準備運動を

スポーツをする前には、足首や足の裏を柔らかくほぐす準備運動、アキレス腱を伸ばすストレッチをしておきましょう。足首やアキレス腱のストレッチは、変形性足関節症の予防や症状の緩和にも役立つと言われています。

痛風予防には生活習慣をととのえて

痛風の痛みを予防するためには、生活習慣に気を配ることが何よりも重要になってきます。尿酸を作る原料となるプリン体を摂り過ぎないよう、肉や魚の内蔵、アルコールを控え、ストレスをためないこと、肥満を防止すること、水分を多く摂取することが大切。そして、有酸素運動であるウォーキングやジョギングを続けて、健康な体作りを心がけたいですね。

グルコサミンやコンドロイチンを摂取する

関節の痛みや炎症の予防には、グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントを取り入れることも検討してみましょう。グルコサミンやコンドロイチンといった成分は、年齢とともに磨り減る軟骨をサポートしたり、再生を促したりするとも言われ、人気が高まっています。こうしたサプリを上手に取り入れて、関節痛の予防と緩和に役立ててみましょう。

足首・足の指の関節痛は早めに予防と改善を

足首の痛み、そして足の指の痛みもまた、立つ、歩くといった日常生活の中での動作を行いにくくする原因となってしまいます。立ったり歩いたりすることが辛くなると、運動量自体が減ることで筋力が低下し、足首だけではなく膝や股関節などにも痛みが発生するなどの悪循環に陥ってしまう可能性があります。また、外出の機会が減ることでストレスがたまり、それが痛みなどの症状を悪化させることも考えられます。

まずは、痛みの原因を特定することから始め、症状や病気の状態に合った治療、ケアをすることともに、足首に負担のかかる動作を減らし、適度な運動を取り入れながら、足首、足の指の関節の健康を保っていけるようにしましょう。

痛風など、足の関節に痛みを引き起こすの病気を予防する意味でも、適度な運動とともにバランスのとれた食生活をすることも心がけたいですね。そして、軟骨をサポートする成分であるグルコサミンやコンドロイチンのサプリを上手に利用して、関節痛の対策を取りましょう。