肩の関節痛を予防・改善する方法

ここでは、肩の関節痛が起こる原因となる病気や予防法などをまとめました。肩の関節痛にお悩みの方はぜひお読みください。

CLEAR

誰もが悩む肩の痛み、その原因は?!

肩の関節に痛みがある男性

肩こりのような慢性的な痛みから、急激に起こる痛みまで、肩にはさまざまな原因で痛みが発生することがあります。肩は、人間の体の中でも大きく動かすことのできる関節であるため、その分負担もかかりやすく、痛みが出ることも多いものです。

肩に起こる関節痛には、どのようなものがあるのでしょうか? そして、その原因はどのようなものなのでしょうか? ここでは、肩の関節痛の原因と症状、予防や改善方法について、詳しくお伝えしていきましょう。

肩に関節痛を起こす原因は?

肩の関節に痛みがある女性

肩の関節痛は、さまざまな原因によって起こります。まずは、肩の関節痛を招いてしまう代表的な病気とその原因をあげてみましょう。

四十肩、五十肩

肩の関節痛で最も多いと言われるのが、四十肩や五十肩です。肩関節周囲炎とも呼ばれ、その名の通り40〜50代で起こることが多い関節痛です。原因はハッキリしていませんが、年齢とともに肩にかかるストレスが次第に蓄積していき、少しの刺激でも炎症を起こしてしまうと考えられます。痛みは急に発生し、肩より上に腕を上げられなくなることがあります。

腱板損傷

ケガや加齢などによって肩関節にある「腱板」という部分が傷つき、炎症を起こすのが腱板損傷です。野球、テニスなど、肩を大きく動かすスポーツが原因となったり、打撲などの衝撃によって起こったりします。また、最初は小さな傷でも、次第に傷が広がって腱板断裂を起こしてしまうこともあると言われています。肩を上げる時に、強い痛みを感じるのが特徴です。

変形性肩関節症

肩関節は、膝などに比べて変形性関節症の起こりにくいところであると言われていますが、軟骨がすり減って変形性肩関節症を起こすこともあります。変形性肩関節症には、原因がハッキリしていない一次性のものと、腱板損傷や脱臼、関節リウマチなどが原因となる二次性のものがあります。腕を上げたり肩を動かしたりすると痛みを感じ、肩の動きが制限されます。

このほか、夜間に急激な痛みが生じる石灰性腱炎や、スポーツなどで肩関節を酷使したことで起こりやすい肩関節不安定症、若い世代に多い動揺肩(ルースショルダー)などがあります。また、頚椎の障害(頚椎症や頚椎ヘルニア)によって肩に痛みが生じる場合もあります。

肩の関節痛を予防するためにできること

ストレッチで肩の関節痛を予防する女性

肩の関節痛を予防するために大切なこととは、一体何でしょうか? 以下に、日常生活において気をつけたい注意点をまとめてみました。

肩のストレッチを心がけましょう

肩の関節痛対策では、まず第一に運動不足を解消し、無理の無い範囲で肩を動かすことが重要です。四十肩、五十肩の場合は特に予防できる病気だと言われていますので、日頃のストレッチなどを心がけて、常に肩関節の柔軟性と、肩の周りの筋力を保つようにしましょう。

肩にかかる負担を少なくする

運動が大切だと言っても、関節に負担をかけ過ぎることはよくありません。痛みを感じている時に無理をして動かすと、症状を悪化させてしまう可能性もありますので、ストレッチなどは無理のない範囲にとどめましょう。スポーツなどをする場合も、準備運動をしっかりして、無理して動かしすぎることのないように注意しましょう。また、重い荷物を持つ時は、片側の肩にだけ負担がかからないように注意しましょう。

症状に合わせて対策を

関節が冷えると痛みが出たり、強くなったりすることはよくありますので、肩関節を冷やさないようにすることも大切です。薄着の季節でも肩を出すような服装は避け、入浴時はよく温まるようにすることがすすめられています。ただし、炎症が起きて腫れている時は関節を冷やすことが有効です。症状に合わせて上手に肩を冷やす、または温めるよう心がけましょう。

グルコサミンサプリを利用する

肩関節の痛みを予防するためには、グルコサミンやコンドロイチンなどが配合されたサプリメントも有効かもしれません。こうした成分は、軟骨の修復や再生に役立つことから、関節の健康を守り、スムーズな動作をするために役立つことが期待されます。

肩関節の痛みを上手に予防・緩和しましょう

肩関節に痛みが起こる原因はさまざまですが、外傷やスポーツでの酷使のほか、多くは加齢と運動不足が原因であるとも考えられています。

中高年になると発症しやすい四十肩、五十肩、変形性肩関節症などは、日頃から体を動かして、関節のなめらかさと筋力をしっかりキープすることが予防の一歩とされているため、簡単なストレッチなどを取り入れて、肩関節を意識的に動かすようにしてみましょう。

ただし、急激に強い痛みが出た場合や、痛みで夜も寝られないような場合は、自己判断せずに、早めに整形外科などを受診して原因をしっかりと確かめることが大切です。

また、肩関節の痛みを予防したり緩和したりするためには、関節の健康を支えてくれる成分を配合したサプリもオススメ。グルコサミンやコンドロイチンなど、普段の食事からは摂取しにくい成分を、サプリでしっかり補い、関節痛の予防に役立ててみてはいかがでしょうか。